Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
老後不安に備える!少額!低リスク!投資信託のアセットアロケーション

老後不安に備える!少額!低リスク!投資信託のアセットアロケーション

[estimated_reading_time]

今回は投資信託の仕組みを簡単に説明し、合わせて初心者がすぐに始められるよう効果的なアセットアロケーションのご提案です。参考にしてみてください。

 

 

この記事は誰が書いてるのか?

Shoow
銀行預金では老後資金は
全く得られないと思い
20代からインデックス投資を
基盤に長期投資を開始。
数年前からFXで短期トレードも実施。コツコツ継続中。

・この記事は以下の人向け・

1. 老後不安をかかえている方
2. 老後不安に投資で備えていきたい方
3. 投資信託で投資を始めたい方

この記事を読むとわかること

複利を活かす投資のメリットがわかる。

投資信託の気軽さがわかる。

効果的なアセットアロケーションがわかる。

投資初心者向けの記事を読んでいない方はこちらも合わせてどうぞ。
関連記事

[estimated_reading_time]投資信託のリスクと種類について知りたくないですか?今回投資初心者向けに解説してみましたので、ご興味ある方はお読みください。・この記事は以下の人向け・1. 投資信[…]

投資信託のリスクと種類を初心者向けに解説してみた
スポンサー

投資信託が初心者にオススメな理由

老後不安を抱えている方で、投資初心者な方は、まずは投資信託を活用するのがベストです。その理由を解説します。

理由1:少額からはじめられるから

なんといっても、少額投資が可能なのが投資信託の良さです。

一昔前までは、1万円からなどやや高かったのですが、

いまや100円からはじめられるのが当たり前になり

一部ではECサイトのポイントを投資始められる時代になりました。

まとまった投資資金を用意しなくてもすぐに始められ

スマホで完結できるくらいインフラ面も抜群に良くなりました。

Shoow
資金面、環境面ともに
いつでも始められる手軽さが
最強のウリではないかなと思います。

 

理由2:多くの銘柄に自分で選んで分散投資ができるから

投資信託は、株、債券、不動産など

複数の商品を組み入れる金融商品です。

 

その組み入れ方によってそれぞれ特徴が異なります

つまり、バリエーションが多彩です。

 

バリエ-ションが多彩ということは、

裏返すと1つに集中できないということです。

 

結果、分散投資になります

分散投資は低リスクをもたらしてくれます。

したがって投資信託は、低リスクで低コスト。

初心者が始めやすいというわけです。

理由3:運用はプロに任せられるから。

なにをどのくらい組み入れるかは、

ファンドマネージャーと呼ばれるプロが選んでいます

その時々の経済状況などを加味して

利益が取りやすいものを選ぶのが彼らの仕事です。

 

また

タイミングを見て中身を入れ替えしたりもします。

彼らプロに大切なお金を

「信託(信用して委託する)」するのが

投資信託という商品なわけです。

投資信託の仕組みを解説。

3つの機関と役割を知ろう!

販売会社、運用会社、信託銀行の違いを解説します。

 

銀行、証券会社、ゆうちょ銀行、信用金庫など
我々投資家が「投資信託を買いたい!」と思ったら
リアルやネットにおいて、身近な金融機関から購入することになります。
基本的にリアルな店頭とネットを比較した場合
ネットのほうが圧倒的に手数料が安いです。
投資信託を買う場合は、絶対にネットから買いましょう。
Shoow
リアルで買う時点で100%損します
プロが投資信託を設定する。運用開始後は、その指示を出す。
我々が購入した投資信託は、ファンドマネージャーなどのプロにその運用を任せることになります。
投資家の資金を預かり、売買を行う。

もし運用会社が破綻すると、我々の資産も一緒に解けてしまう恐れがあるため、それを回避する方法として信託銀行があります。

信託銀行は、上記2つの機関から独立しています。

故に、独立して投資家の資金を管理しているので

我々の資産の安全性が担保されてる

という仕組みになっています。

 

利益を獲得する仕組みを知ろう!

投資信託は『口数』で数えます。

投資家が保有する口数によって得られる利益額が異なります

 

運用会社が運用した結果、利益が出ると

我々の投資信託の総額が増加します。

 

口数、基準価額、純資産総額の関係

投資家が購入した投資信託の数量のこと
投資信託の取引価格  純資産総額÷口数で求まる
投資信託に集まった資金の総額

 

オススメのアセットアロケーション3選

ここでは、老後不安を解消するために下記の条件に固定してシュミレーションしてみます。

条件

初期の投資額:50万円

毎月の積立額:2万円

積立期間:35年

最低目標金額:1500万円~

最低運用利回り:インフレターゲット2%以上

 

Shoow
尚、この条件で利回り0%=単なる貯蓄で積立した場合は、35年後には890万円になります。

その1:低リスクで着実に大きく増やす。堅実家向き

目標利回り3%未満

超安定運用コースの配分は次の通り。

(円)は省略

アセットクラス当初の資金毎月の積立額
国内株式
(5.0%)
25,0001,000
先進国株式
(15.0%)
75,0003,000
新興国株式
(10.0%)
50,0002,000
先進国債券
(50.0%)
250,00010,000
新興国債券
(20.0%)
100,0004,000
合計
(100.0%)
500,00020,000

超安定運用コース

上記の配分で運用した場合は

35年後には890万円が1500万円になっている見込みです。

Shoow
もしあなたが現在35歳であれば
70歳時で1500万円になっているので、この超安定運用でも老後資金の足しにできそうです。

この他に、貯蓄をしていく部分と、微々たる額でしょうけども年金があれば、2000万円は用意できそうです。

 

その2:平均付近の伸びを狙っていくスタンダードタイプ

目標利回り5%未満

リスクも取りつつ収益を狙うスタンダードコースの配分は次の通り。

(円)は省略

アセットクラス当初の資金毎月の積立額
国内株式
(10.0%)
50,0002,000
先進国株式
(30.0%)
150,0006,000
新興国株式
(10.0%)
50,0002,000
先進国債券
(30.0%)
150,0006,000
新興国債券
(20.0%)
100,0004,000
合計
(100.0%)
500,00020,000

スタンダードコース

上記の配分で運用した場合は

35年後には890万円が2500万円になっている見込みです。

 

Shoow

もしあなたが現在35歳であれば
70歳時で2500万円になっているので、老後2000万円問題はクリアできる水準です。

 

その3:ハイリターンも視野に入れる。積極的に攻めで行く!

目標利回り9%未満

しっかりとアセット管理し、果敢に資産運用する積極運用コースの配分は次の通り。

(円)は省略

アセットクラス当初の資金毎月の積立額
国内株式
(10.0%)
50,0002,000
先進国株式
(40.0%)
200,0008,000
新興国株式
(20.0%)
100,0004,000
先進国債券
(20.0%)
100,0004,000
新興国債券
(10.0%)
50,0002,000
合計
(100.0%)
500,00020,000

積極運用コース

上記の配分で運用した場合は

35年後には890万円が5300万円になっている見込みです。

Shoow
もしあなたが現在35歳であれば
70歳時で5300万円になっているので、老後2000万円問題は余裕でクリア。年金破綻していたとしてなんとかやっていけそうですかね。

カスタマイズしたい人向け

【キワドク!】から提案されたものではなく、

自分のアセットアロケーションは自分自身で決めたいという方。

ネットにこういうツールがあるのをご存知ですか?

このツールを使って自分でシュミレーション考えるのもアリです!

投資信託+金+現預金+コモディティ等含む

より細分化した資産全体のポートフォリオを

シュミレーションしたい方はこちら。

資産配分ツール

myINDEXの使い方

使い方ガイド

このサービスで出来ること

このサービスでは、世界標準の投資法である「資産配分を考えた投資」を実現するために役立つツールを提供しています。

ここでは、株式や債券といった資産レベルへの分散投資を行った場合の過去分析をすることができます。
日本株や外国株など約11種類の資産に、それぞれどのくらいの割合で投資をするかを入力すると、その投資を行ったと想定した場合の過去実績を計算し、グラフなどで投資成果を知ることができます。

また、データは毎月更新されるため、常に最新の過去分析が可能です。
ぜひ定期的にチェックすることをおすすめします。

過去実績で将来を予想することはできませんが、これから投資を考える上で、このサービスがひとつの参考資料となることを期待しています。

※より詳細は公式サイトを参考にしてください。

間違いない!おすすめの投資信託の投資本をご紹介

はじめて投資信託を運用する場合は、ぜひ本で勉強してほしいです。

中でも信頼できるのは、

モーニングスター株式会社代
表取締役社長 朝倉智也さんの本がおすすめです。

日本において投資信託の格付け評価を行っている会社。更にアナリストらによる世界規模の金融経済に関する情報提供を機関投資家、セミプロな個人投資家向けにおこなっている。

たくさんの書籍がありますが、抜粋してこれらがおすすめです!

朝倉智也さんのおすすめ投資本

投資の原則は、雪だるまを作ること。

今回35年でシュミレーションしてみました。

時間分散を使い、超長期で運用すれば、

「890万円が5300万円にくらいにはなる」

ことはご理解いただけたのではないかと思います。

 

あなたの年齢がもし20代であれば、

もっと資産は膨らんでくれます。

若いというのは、時間の長さのぶんだけ、有利です。

Shoow
加えて、市場価値が中高年と比べて高い

ですから、自己投資も合わせて行いましょう。

転職・キャリアUP・スキル磨き

同時にしてさらに収入を高めていくことを可能です。

Shoow
実際私は、これまでも今現在も
ひたすら勉強に継ぐ勉強で爆走中です!

 

生活水準をあまり上げずに、増やした収入をどんどん資産性のあるものに変えて資産運用していきましょう。

 

一方

あなたが35歳以上であれば、

毎月の支出を抑えて資産に回せる投資資金を確保しましょう。

シュミレーションでは、毎月2万円の積立額でしたが

これを3万,4万と額を増やせば全然間に合います。

タネ銭に積立額を合算!長く転がす雪だるま複利!

資産を膨らませていく原理はシンプルです。

Shoow
雪だるまを作ればよい!
  1. タネ銭をいかに長い時間転がし続けていくか。
  2. タネ銭をいかに多く用意できるか。
  3. 転がしながらいかに毎月足し続けられるか。

たったのこれだけです。

それをどの資産(アセットクラス)で行うかだけです。

投資信託は少額かつ分散投資が可能ですから

初心者には本当におすすめです。

Shoow
ただし、手数料のかたまりなものが多いですから、
目利きが大切です
。そこだけ気をつけて選べば全然怖くありません。

まとめ

投資信託の特徴とその仕組みについて理解できたでしょうか?

ここに書かれていることが基本ですので、

何度も読み返して頭に叩き込みましょう。

 

投資信託に限らず、ますますマネーの勉強が必要な時代です。

100年人生が当たり前化となった時代において

老後不安に対しては、一日でも早く学習するのが最善策です。

 

今回のシュミレーションもあくまでも

過去の経済成長を参考にした値に過ぎません。

リターンは常に不確定。

一方、

手数料は必ずとられる。

この手数料を1%でも減らせると、

それはそのまま1%の運用利回りを叩き出したのと同じ効果です。

そういうチカラを見に付けたくば勉強は必須です。

インプット教材は投資本や無料マネースクールを活用しましょう。

そして少額でいいから運用というアウトプットをしていきましょう。

投資信託入門講座はこちら。

老後不安に備える!少額!低リスク!投資信託のアセットアロケーション
最新情報をチェックしよう!
スポンサー