Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
【FP】最強コスパの資格ファイナンシャルプランナーの魅力を語る

【FP】最強コスパの資格ファイナンシャルプランナーの魅力を語る

ファイナンシャルプランナーって皆さんご存知ですか?

お金に関するプロフェッショナルです。ファイナンシャルプランナーなるためには国家資格に合格しなければなりません。マネーの知識を網羅的に勉強していくので、今回はその魅力をご紹介しています。是非ご一読あれ!

 

この記事は誰が書いてるのか?

Key
日頃から金融経済ニュース
に触れ日々情報を更新。
FP,及びAFPの資格を有し
保険にも詳しいKeyが解説。

・この記事は以下の人向け・

1. ファイナンシャルプランナーになりたい方
2. ファイナンシャルプランナーに興味がある方
3. マネーリテラシーを身につけたい方

 

この記事を読むとわかること

ファイナンシャルプランナーの魅力がわかる。

ファイナンシャルプランナーの勉強がなぜ投資に役立つかがわかる。

スポンサー

【FP】最強コスパの資格ファイナンシャルプランナーの魅力を語る

平成が終わり、令和に突入しました。

 

Key

10代~20代は、100年人生と言われています。

 

ゆえに、老後もずっと働いていかないといけない世代です。

学歴社会は崩壊しつつあり、お金をかけて学習しても

なかなか就職がうまくいかなかったりしています。

仮に人手不足で就職できても、仕事量に賃金が見合っているか

甚だ疑問です。安定した企業など少なく、無目的に勉強していると

若いうちから将来息詰まることさえある時代です。

 

 

Key
30代~40代は、不景気真っ只中で育ちました。

ロストジェネレーション世代も含まれます。

非正規雇用による職の不安定さと家事育児・共働きで精一杯。

さらに親世代の介護がのしかかってきます。

働けど働けど、お金は貯まらず出ていくばかり。

過労が原因でうつ病になったり

仕事のストレスで胃潰瘍になんてのは珍しくありません。

入院しそのまま休職。そんな落とし穴にハマりかねません。

いま一番過酷な世代です。

 

Key
50代~60代は人生の折返し地点。

子育てが終わりを迎えるとご自身の健康問題へと

気を配らねばなりません。医療費の支出を抑えつつ、

老後に向けて資金と健康を保っていく努力が問われます。

 

Key
70代以降は身の回りの行動範囲と意欲低下を感じ始める世代です。

周囲の同世代がお亡くなりになったり、施設に入ったりして、

人間関係が減りがちです。

意識的に行動したくとも、気持ちと身体がついてこない。

自分で運転したり自転車に乗って怪我や事故にでもあったら最悪です。

医療費はかさむ一方です。

スポンサー

健康と経済その両面は継続しないと即崩壊。

RyanMcGuire / Pixabay

全世代に言えること。それは

先を見据えて
今から準備をしよう!

です。

もうかつての日本ではないです。

ただなんとなく生活してたとしたら

気づいた時には「すでに手遅れ・・・」

そんな事態に誰もがなりかねない国となっています。

キワドクでFP取得をおすすめする理由

yohoprashant / Pixabay

マネーリテラシーがカンタンに手に入るから。

ファイナンシャルプランナーの知識というのは、
金融分野に対してかなり網羅的です。

 

Key
パッケージされて便利です♪

 

『これから生きにくくなる人生をどう攻略していくか』

全てFP試験にそのエッセンスが盛り込まれてます!

 

FPは以下の科目で構成されている。

  1. A ライフプランニングと資金計画
  2. B リスク管理
  3. C 金融資産運用
  4. D タックスプランニング
  5. E 不動産
  6. F 相続・事業承継

Aライフプランニングと資金計画で人生を見直す

geralt / Pixabay

FPの知識を習得すると

自分の人生を時代に合わせて見直せるライフプランニング力と

その時々と将来を見据えた資金計画が創り出せます。

 

ライフプランニングというのは『どういう人生を送りたいのか』

考えるための方法であり、年表で人生設計をつくります。

 

働ける期間と年金受給期間から生涯収入と生涯支出を導き出し

 

人生にいくら必要となるのか

時系列でまとめていきます。

 

これにより

今後の人生のお金に関する課題点が見つかったり

解決策を検討したり、判断材料を作ることができます

スポンサー

B リスク管理で人生への保険をつくる

stevepb / Pixabay

日本の社会保障制度はわかりにくいですよね。FP試験では徹底的に学習出来ます。

公的保険だけでなく、民間保険の違いについても学べます。

 

Key
保険は人生を守る上で
強力な武器になる一方、
知識不足な情報弱者は
損する部分でもあります。

売り手のいいように話をさせないようにするためにも

FPのリスク管理に関する分野の知識武装をおすすめします!

あわせて読みたい!

C 金融・資産運用に興味がもてる!投資家への一歩を踏み出すきっかけになる!

3dman_eu / Pixabay

義務教育で金融を学ばない以上、社会に出てから学ぶ場は実践のみ。

でもそれって裸で戦場に乗り込んでいってる状態に近いんです。

FP試験では、金融商品について学びます。

 

Key
よくマネー雑誌などに個別商品がかかれています。
それでも学習は可能だという意見をしばしば耳にします。

でも、あえてFP(ファイナンシャルプランナー)をおすのは

体系的に学べるから!

それにみなさんは『長生きリスク』に対して、最低限度の知識武装をする必要がありますが

でも、本当は知識がほしいんじゃないですよね。

 

Key

ほしいのは、

「豊かに自分らしくあまりお金に悩まずに
将来不安に怯えすぎずに健康的に暮らすこと」

ですよね?

 

お金への不安があったら、健康的に厳しいなりつつあるのが日本です。

国民皆保険もこのままの水準で行くことはありえないでしょう。

賃金上昇が見込めない以上、資産運用をしていかねばなりません。

保険で守備固めを行い、攻めの部分で資産運用を実行していく。

その必要性がいま、全世代に求められています。

マネーの世界では、無知は罪です。

国家試験であるファイナンシャルプランナーで体系的に学んでおくことは運用面でも有益です。

関連記事

[estimated_reading_time]投資信託のリスクと種類について知りたくないですか?今回投資初心者向けに解説してみましたので、ご興味ある方はお読みください。・この記事は以下の人向け・1. 投資信[…]

投資信託のリスクと種類を初心者向けに解説してみた
スポンサー

D タックスプランニングで税の仕組みを知り、対策を講じるチカラを身につけられる。

Alexas_Fotos / Pixabay

日常生活をおくる際に避けて通れないのが税金です。

Shoow
国民は納税義務があります。

私達は、毎日一生懸命働いてお給料をもらいます。

その際、一部を税金として納税しています。

街で商品を購入すると、消費税がのっかっています。

住んでるだけで住民税、固定資産税がとられています。

 

Key

日常的に税金で囲まれているのに、
あまり税に詳しい人おりませんね。
だって義務教育にないんですから仕方ないです。

 

でも・・・残りの人生
税金について一切学ばずにいて
ホントに良い?

なにも税理士のようになれって言ってるわけじゃないんです。

 

税の仕組みを理解することで

同じお金を稼ぐにしても、税を払うにしても

お得な対策・工夫の存在に気がつけます。

無駄を省いたり、この制度を活用した方がいいなどの突破口が見えてきます。

また

投資を始める人が今後増える以上、税の悩みは増えると予想します。

「悩み」の存在はビジネスチャンスでもありますが、

同時に詐欺にあう確率も高まります。

税金に対して、無頓着でいることは100年ライフ人生を生きる上で

相当なリスクをとっていることにならないでしょうか?

FPはそれを解消します。

E 不動産という人生最大の買い物に対して備える事ができる

geralt / Pixabay

FP試験では不動産に関する法律、控除などの制度も学びます。

Key
宅建士ほど深掘りしないにしても、
全体的に網羅できるのが魅力です。

 

不動産は人生において最も高い買い物の一つです。

広さやデザインにこだわり、間取りをどのようにするか悩みますよね。

でもそういう目に見えるところだけ気にしていると資金面辛くなることがあります。

住居は住み始めると税金を収めなくてはならなくなる代物です。

維持管理費にお金がとにかくかかる。

取得、維持、売却、相続、贈与。

FPの勉強ではこういったことも学べます。

F 相続・事業承継で人生のエンディング、会社の存続で慌てずに済む

derneuemann / Pixabay

人はいずれ死にます。人の死亡率は100%。

死ぬ側も辛いと思いますが、残された方はもっと辛いです。

その辛さと悲しみの中、お金の問題が降ってきます。

人生で何度もないわけですから、その場面は本当に大変です。

相続への臨場感があまりになさすぎるため

多くの人が対策を講じてはいません。

でも、今後は大きな問題となるはずです。

Shoow
超少子高齢化。同時多発自然死世界。

子供一人に対して、相続するものは多くなります。

ビジネスシーンでは多くの中小企業が事業承継対策に頭を抱えています。

全てお金がかかわってくることですから、FP試験ではそういった

ライフステージのイベントも学習範囲の対象になっているわけです。

Shoow
私も若くして家族失ってるので、
その大変さは身をもって知っています。
まさに人生の縮図。FPリテラシーを持っていれば、
打つ手はかわっていたでしょう。
スポンサー

人生で役立つFP資格。いったい取得にいくらかかる?

参考:日本FP協会ホームページ
https://www.jafp.or.jp/exam/

3級と2級で料金は異なりますが、6,000円と8,700円。

手数料とテキスト参考書代を含めても

10,000円~20,000円の間です。

 

たったそれだけの額で100年ライフを生きるために必要な知識が手に入るわけです。

 

Key
読者に学生さんも多いと思います。
就職活動やキャリアUPだけの資格では実はないですよ。
是非とも合格し、真の意味でその知識をご自身の人生に役立ててほしいです。

 

Shoow
ぶっちゃけ、合否なんて無関係でもいいから
FPは日本国民全員が学ぶべきだと個人的には思います。
納税義務を国民に課しておいて、
税の教育は皆無なんて、陰謀すぎますよね。
FP試験はシンプルに体系化されてるからおすすめです。

まとめ

日本という国は『社会保障制度』によって守られていました。

今後の世代へも豊かな生活を守るため、国も様々な知恵を出し合って考えています。

しかし、人口減少が進むという事実だけは確定しています。

人口減少がもたらすのは、納税金額の目減りです。医療を受ける額も高くなるでしょう。

自分で対策をうち、乗り越えて行けるチカラを得るための最初のパスポートとして

どうぞ、FP試験を活用してください。

いかに自分がお金について、経済について無知だったか痛感できます。
個々に独学で学習していた投資家の方々は、
「なんて体系的にまとまっているんだ」と関心するはずです。
知識深めたければ、級をあげて行くことが可能です。士業への展開も出来ます!
ぜひ、マネーリテラシーを獲得する第一歩としてファイナンシャルプランナーを活用しましょう。オススメの学習教材と講座はこちら。
あわせてよみたい。
関連記事

[estimated_reading_time]2019年、ファイナンシャル・プランナーFP3級に合格したいですよね?FP3級の難易度、合格点、勉強法を教えたいと思います。現役のAFPの解説です。どうぞお読み下さいね。[…]

2,019年版FP3級攻略!難易度・合格点・勉強法を教えます!

 

【FP】最強コスパの資格ファイナンシャルプランナーの魅力を語る
最新情報をチェックしよう!
スポンサー