Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
2,019年版FP3級攻略!難易度・合格点・勉強法を教えます!

【2019年版】FP3級攻略!難易度・合格点・勉強法を教えます!

[estimated_reading_time]

2019年、ファイナンシャル・プランナーFP3級に合格したいですよね?FP3級の難易度、合格点、勉強法を教えたいと思います。現役のAFPの解説です。どうぞお読み下さいね。

・この記事は以下の人向け・

1. FP3級を目指している方
2. FP3級に合格したい方
3. 現役AFPの解説をききたい方

この記事を読むとわかること

FP3級の難易度・合格点・勉強法がわかる。

 

この記事は誰が書いてるのか?

Key
日頃から金融経済ニュース
に触れ日々情報を更新。
FP及びAFPの資格を有し
保険にも詳しいKeyが解説。

 

スポンサー

FP3級は独学で合格できる!

kaboompics / Pixabay

冒頭からなんですが、しっかりと勉強すればFP3級は独学で合格できちゃう資格です。

自分はただの営業サラリーマンでしたから、金融系はまったくのド素人。

それでも独学で合格できたため、その方法を公開したいと思います。参考にしてください。

敵(FP3級試験)を知ろう!

まずは、どんな試験でもそうですが、どういう内容が問われ、なにがポイントなのかを把握する必要があります。

FP3級の場合、試験内容は次の通り。

 

項目学科試験実技試験
試験時間120分60分
出題形式筆記試験

マークシート方式

筆記試験

マークシート方式

選択制
(日本FP協会と金融財政事情研究会で異なる)

合格基準60%以上正答
で合格
60%以上正答で合格

一般的に日本FP協会の資産設計提案のほうが、難易度が低いと言われているため、実技はそちらを選択することをおすすめします。

 

Key
私も日本FP協会の方で、受験しましたね。

 

以下日本FP協会で話を進めます。

この記事の情報も日本FP協会のホームページを参考にしております。

リンクはこちらをクリック。

出題範囲は以下の通り。

学科試験

  1. A ライフプランニングと資金計画
  2. B リスク管理
  3. C 金融資産運用
  4. D タックスプランニング
  5. E 不動産
  6. F 相続・事業承継

実技試験

  1. 資産設計提案業務

 

Key
パッと見、範囲が膨大。キーワードも金融ならではですね。

「社会保険、年金、保険、株式、債権、投資信託、税金、不動産、相続、事業承継etc.」

 

 

全部やれれば、文句なしですが

合格目指すのであれば、試験に出るところだけを攻めるのが得策です。

それでも深掘りしたければ、さらりとFP3級合格してから上級試験のFP2級で思う存分やるほうがいいです。

試験に出るとこだけ!FP3級は1ヵ月で合格できる!

TeroVesalainen / Pixabay

FP(ファイナンシャルプランナー)の試験範囲は基本広く浅くです。

 

出題パターンが決まっているのでコツさえ抑えてしまえば、

早い人だと1ヶ月で合格できます。余裕を持って考えると3ヶ月でいけます。

高頻度に出題されるところから取り掛かり、着実に点数をとってしまいましょう。

A ライフプランニングと資金計画のよくでるところ!

geralt / Pixabay
  • FPと関連法規、係数の意味と活用、公的医療制度、 公的年金の制度、公的年金の給付、
  • 住宅ローン、教育ローン・奨学金
係数系は、実技でも計算で聞かれたりしますし、
公的医療制度や年金は現在の社会制度の根幹ですから、
知っておいてほしい分野のため必ず出題されます。
Key

ローンは今や社会問題化しつつあります。奨学金や教育ローン破綻が話題ですから、仕組みをおさえましょう。

 

スポンサー

B リスク管理のよくでるところ!

stevepb / Pixabay
  • 契約者保護に関する制度、生命保険料の仕組み、生命保険商品、損害保険商品
制度は生命保険契約者保護機構ソルベンシー・マージン比率
生命保険からは、その仕組み。商品は、それぞれの基本的な特徴と違いを整理しておけば点数がとれます。

C 金融資産運用のよくでるところ!

3dman_eu / Pixabay
  • 経済指標、マーケットの変動要因、投資信託の仕組み、債券の仕組み、株式投資の評価指標、株式取引の仕組み、外貨建商品の仕組み、金融商品と税金、セーフティーネット、関連法規
shoowの話では、ここは薬学でいう薬理学みたいなものだそう。
全てをまんべんなく網羅しておく必要があります。
FPとして、資産運用に関する助言を支える重要な分野ですから、
苦手にしないという点が一番大切です!好きになるまでやり込みましょう!

D タックスプランニングのよくでるところ!

Alexas_Fotos / Pixabay
  • 各種所得の計算(退職、一時、不動産、事業、利子、配当、給与)
  • 損益通算
  • 所得控除(特に、扶養控除、医療費控除、地震保険料控除、配偶者・配偶者特別控除、生命保険料控除の順)
  • 住宅借入金等特別控除
こちらの分野もCと同様まんべんなく覚えておくべきところ!
資産運用した結果、かならず税金がかかってくるわけですから、
その税金に関する知識がなければならないということなのでしょう。
実技でも計算が問われるため、税の種類、その計算方法、
損益通算や控除の仕組み、問われているケースが
それを反映できるか否かといった判断問題までよくでる分野です。

E 不動産のよくでるところ!

geralt / Pixabay
  • 建築基準法(道路に関する制限、用途に関する制限、建ぺい率、容積率)、不動産の譲渡と税金
  • 不動産登記、不動産の価格、不動産の取引、賃貸契約、区分所有法
  • 不動産の取得に係る税金、不動産の保有に係る税金
建ぺい率道路の制限は毎回出ます。
譲渡に関しても、年数がキモとなりますから、
長期か短期か判断を間違えやすいように問いが設計されています。
ですので、しっかりと区別をしておくことで対策となります。
登記は、どこに何が書かれているかを覚えてしまいましょう。

F 相続・事業承継のよくでるところ!

derneuemann / Pixabay
  • 贈与税の計算に関する基礎知識、法定相続分、遺言、小規模宅地等の評価減
  • 贈与と法律、相続の承認と放棄、相続税の非課税財産と債務控除、相続税の計算
相続では、控除に関する計算問題が問われます。
控除パターンは決まっているので、しっかりどのパターンなのか読み解き、
ひっかからないようにしましょう。相続は独自のルールでまわっているので、
他の分野とも独立している傾向がある範囲。
E不動産と含め、得意分野にしておくと試験攻略は楽になりますよ!
スポンサー

苦手分野についてはバッサリ捨てましょう。

Anemone123 / Pixabay

ここまで、ざっくりと攻略ポイントを解説しましたが、どうやっても苦手意識が強い分野は誰でもあるものです。

ですので、その場合は、バッサリと捨てちゃう戦略を取りましょう。

 

なぜなら

60%以上の正答で合格ですから、40%は捨ててもOK。

 

Key

FP3級の場合、問題数は60問。合格率60%なので・・・

 

60問×60%=36問
で合格です。
逆にいえば、
60問ー36問=24問
は捨ててもOK

 

 

となりますね!

 

24問も捨てられるのはかなりでかいですよ。

A~Fの6項目の範囲があるので

1項目あたり平均8問
も捨てられます!
  • 苦手だから積極的に捨てていく分野
  • 得意分野では8問も落とさないでおく分野

といった具合に

戦略をもって取捨選択していくことで合格の可能性が高まります!

法改正などの改訂部分は出題されやすい

succo / Pixabay

これはFP3級に限ったことではないですね。薬事法改正でも民法改正でもなんでもそうです。

 

「変わったところを覚えててね」という出題者の意思がありますから、タイムリーな部分はむしろチャンス。

 

直前でもいいので勉強しちゃっておきましょう!

私はこれで合格した!独学におすすめのテキストを紹介!

この滝澤ななみ先生のシリーズが一番よかったです。

  • 無駄を一切省いたつくり。
  • イラスト多用し全カラー。
  • 問題集とセットで合格率UP。
  • わかりすさ抜群!
  • 金財と日本FP協会両団体の試験に対応している。

FP3級攻略法!学ぶ順番はこれだ!

Gellinger / Pixabay

以下の項目が範囲。

  1. A ライフプランニングと資金計画
  2. B リスク管理
  3. C 金融資産運用
  4. D タックスプランニング
  5. E 不動産
  6. F 相続・事業承継
6項目順番通りでもよいのですが、
土台がAライフプランニングと資金計画&Dタックスプランニングです。
いずれもA→D の順番をまずオススメします。
Key
その後は2パターンに別れます。
A→D→B→C→D→E→F
その1の場合
EとFが割と独立しているので最後に持っていったパターン。ただ税の部分DがEとFでも問われるので、復習の意味もこめて繰り返しているパターンです。
A→D→E→F→A→B→C
その2の場合
AとDを土台として、税が絡まるEととFを続けて学習を進めます。
その後、Bの保険は公的制度も踏まえておくと話が整理しやすいためAのライフプランニングの部分を復習し、BとCをつなげているパターンです。

FP3級で迷路のようにややこしいのは、やっぱり税金と保険分野!

paskix12 / Pixabay

税金と保険分野は、どちらも日常生活に密接な分野です。

その割に、義務教育でもやっぱり学ばないですね。

制度もややこしく、わざとだろうと思うくらいに

まるで迷路のように入り組んでいる感じです。

 

がゆえに、できるヒトとそうでないヒトとの差が付きやすい。

 

Key
きちんとややこしさを解決して整理整頓して頭にインストールできればとても有利です。

 

税金の場合は、その区別、控除のパターン。適合の判断が勝敗の分かれ目。

 

保険の場合は、保険タイプの特徴とその違いを理解できているかが勝敗の分かれ目。

このややこしさという山を超えることができればグッと合格は近づきます。

しつこいくらいに繰り返しテキスト汚しまくって暗記しちゃいましょう。

 

Key
覚えてしまえばこっちのもんです!挫けず反復しましょう!
スポンサー

自分での反復がどうしても苦手な方は素直に人から教わろう!

3194556 / Pixabay

キワドクというくらいですから、独学がテーマのブログではありますが、

どうしても自分一人では攻略がむずかしい。

たとえば、反復が苦手。

または反復してもどうしても頭に入らないという方はいます。

 

そういうことで、悩んで時間だけが過ぎていくほど不毛なものはありません。

ですのでそんな方は

その労力をお金で
買ってしまうのも一つの手
だと思います。

誰しもが時間に限りがあって、その中で学習しなければならないのは変わらないわけです。

Key
ということは、勝負の分かれ目はそこ!
いかにして能率を上げるか
そこにこだわれ!

 

Key
向き不向きもありますから、手段をしっかり選んで最短で合格しちゃいましょう!
AFPの私がおすすめするのは、以下の教材ですね。

オンライン通信講座を使って時間効率を上げる!

自分でインプットする作業量よりも人から教わってインプットしたほうが、圧倒的に時間短縮になる場合も結構あります。

予算に余裕があって、独学のみでトライすることに不安がある場合どんどん活用しましょう!

よく講座代を数千円しぶってテキスト・参考書のみでトライする方がいますが、落ちてしまうと、結果は残らず、受験費用もマイナスです。

加えて、そのテキストと参考書も情報鮮度が落ちてしまいます。

そうなった場合、無駄な節約以外の何物でもありません。

勉強代は、すべて未来のあなたへの自己投資!

稼げる自分になれば何倍にもなって回収できます!

資格試験に限りません。ちょっとでもやりたい気持ちがあって

頑張れば出せる額ならば、

絶対に自己投資代に当てたほうが身になります。

ぜひFPに合格しましょう。お金の知識は一生モノです。

 




2,019年版FP3級攻略!難易度・合格点・勉強法を教えます!
最新情報をチェックしよう!
スポンサー