Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【FPから投資家を目指す】FXを始めたいと思っている方へ

 

Shoow
どーも。みなさんお疲れ様です。

FPで金融リテラシー向上の第一歩を踏み出したあとは

やっぱり自分のライフプランと資産運用に

その学んだ知識を活かしていくのが

最善だと思っています。

 

今回はその資産運用の中で

最近は流行っているFXに関する記事です。

この記事は、以下の人に向けて書いています。

 

  • FXに興味がある方
  • FXをやってみたい方
  • FPとって終わりたくない方

 

前半部分は、わたし「shoow」とFXとの出会いみたいな部分があります。

要点だけで知りたい方は、目次を開いて見出しをクリックすると

その見出しまで飛びますので、遠慮なく読み飛ばしてください。

 

スポンサー

市民権を得つつあるFX

geralt / Pixabay

ほんの一昔前までは、FXと聞くと

 

「は?なにそれ」

「ギャンブルでしょ」

「勝てるわけ無いじゃん」

 

 

といった声をよく耳にしました。

 

 

パチンコやスロットと同じ感覚で見られていた気がします。

 

 

 

ただ、2017年の仮想通貨ブームの到来と共に

一般人がスマホでトレードするのが日常化しつつあります。

いまやFXの敷居はかなり下がったのではないかなと思っています。

 

加えて、社会不安に政治不振。

終身雇用の破綻と年金制度の維持困難が拍車をかけます。

 

副業ブームが追い風となり

2019年(令和元年)現在、不良のような立ち位置にいたFXは

「稼げる副業おすすめ」に堂々と登場するくらいに

優等生ポジションとよべるくらいにまでなりました。

 

 

きっとこの流れは加速します。

FXは今後もますます市民権を獲得し、

気軽に始める資産運用の手段の一つになると

個人的には思っています。

 

 

FXでの資産運用は可能なのか?

PublicDomainPictures / Pixabay

FXを実際にやっている人は(私も含め)

「今よりもお金を少しでも増やしたいから」

実施しているわけです。

ですので、その目的が達成できる手段かどうか

まず知る必要があります。

 

 

で、結論

稼ぎ増やし続ける
ことはできる!

 

 

ただし、勉強は必須!(9割負ける市場ですもの)

 

勉強が必要なのはFXだけではないよね。

 

投資=勉強

勉強=投資

これが真実です。

自己投資の観点からも金融投資の観点からも

勉強=投資です。

 

Shoow
くどいですが、ここ外すと負けちゃいます。

ですが、資産運用しない手段はないと思います。

もっと日本政府が成長産業を生み出し、

そこに民間が出資を求めて参入するようなものが生み出されてこない限り

賃金も雇用の安定もありえません。

そんなジリ貧状態に追い打ちとして

税負担とインフレが加わったら・・・相当厳しいのは火を見るより明らかですね。

 

 

 

与沢翼さんの影響で始めたFX

Shoow
FXを学習し始めたのは、約3年前くらいです。

全くのド素人からのスタートでした。

きっかけは与沢翼さん。

当時の私は

彼のトレード動画をひたすらYOUTUBEでみていましたね。

 

 

「やっぱり今後稼ぐスキルを構築しないと生きていけないなぁ」と

日頃から思っていたからです。

 

 

学ぶなら当然与沢翼さんのスクールでと思っていましたが

 

 

すでに時遅し。。。

 

 

当時の段階でももう引退しており、

投資スクール「GWS」はファイナルを迎えていました。

この記事を書いているいまも

彼はもうスクール講師として登壇することはないです。

 

ドバイからの配信をみて、勉強させてもらっている状態です。

 

ポール・ジモンの登場

与沢翼さん本人はスクールをしなくなりましたが、

当時、フェイスブック上でライブがあり、

そこでFXの天才ポール・ジモンが登場しました。

 

 

彼は本当に天才で

生配信でのスキャルピングを目の当たりにした人たちの

驚きのコメントでいっぱいでした。

酒飲みながら、値動きを的確に予想し彼のいった通りにチャートは動きました。

与沢翼さんも習うならジモンからならうべきだよと絶賛してましたね。

 

 

その後、ポール・ジモンを講師としたスクール募集があり

わたしも参加。そこからFXのスキルを磨いていったというわけです。

 

 

 

 

本題:FXが興味ある方は何から始めるべきか?

ijmaki / Pixabay

FXを開始する際に必要なのは

 

  1. 専用口座
  2. トレード環境
  3. 運用資金

 

 

たったの3つです。以下一つずつ解説していきます。

 

 

①専用口座の開設

rawpixel / Pixabay

通常の銀行口座からFXの取引は行なえません。

専用口座を開設する必要があります。

 

「えー、なんだか難しそう」と思う方がいると思います。

 

 

現に、ド素人の私はそうでした。この時点で一気に不安に・・・。

 

でも、口座開設は思いのほか、カンタンです。

 

あっという間。

 

ただ手順まで含めるとなると

この記事では長くなってしまうので

口座開設に関する記事はまた別記事を用意します。

 

とにかく

口座がなければ、FXは開始できないというのを知りましょう。

 

 

②トレード環境の用意

Pexels / Pixabay

口座を解説したら、次はどうやって取引するかが次の課題ですね。

 

方法は2つです。

 

  • PCでトレードを行う
  • スマホアプリでトレードを行う

 

 

 

この辺は、どちらが有利不利というよりも

ご自身のライフスタイルや

どこまでツールを使い倒したいかで

変わってきます。

 

 

 

カンタンに開設します。

PCでトレードを行う場合

Free-Photos / Pixabay

PCでトレードを行う場合は、ブラウザ上で行うか

専用のソフトをインストールして行うかのいずれかになります。

おすすめは、専用ソフトのインストですね。

 

ブラウザやスマホアプリに比べて

 

  • チャートが大きい画面で見れる
  • 分析ツールが豊富
  • 反応速度が速い

 

という利点があります。さらにPCで取引を行う場合は、専用のソフトを導入しましょう。

 

 

わたしのおすすめは、MT4です。

 

 

MT4はFXのトレードソフトとして一番勇名な人気ソフト。

凄腕トレーダーはMT4を使い倒しています。

 

ただし、口座開設の際、FX会社を選択するのですが、

FX会社自体でMT4が扱えない仕様になっているとMT4は使えません。

注意点はそこですね。

とくにこだわりないならば、デファクトスタンダートなMT4でトレードできるFX会社に決めることをおすすめします。

 

 

 

スマホアプリでトレードを行う場合

FirmBee / Pixabay

スマホアプリで行う場合は、

スマホアプリ対応の業者を選ぶ必要があります。

 

MT4はスマホアプリがあるので

基本MT4アプリが使えるFX会社なら、スマホでもトレード可能です。

 

もちろん、その会社独自のアプリでのトレードも可能です。

 

 

スマホでのトレードの利点は

場所を選ばない。これに尽きます。

他にあるとすれば、スクショが簡単に取れるので

自分のトレード記録を残しやすいというのも利点の一つですね。

トレードを見直して、反省▶改善 この繰り返し。

 

Shoow
自分で立てたシナリオの質を高めていく。
そのためにPDCAサイクルを回すのは、ジモン流です。

 

 

 

③運用資金

angelolucas / Pixabay

当たり前ですが、運用資金がゼロではFXは開始出来ません。

 

ここで問題なのは、

いったいいくらで始めるべきかだと思います。

 

 

で、結論としては

資金は当然
多いほうが勝ちやすい。
です。
なので
10万円よりも、20万円。
20万円よりも、50万円。
50万円よりも、100万円。
資金が多いほうがFXでは有利です。
ご予算の範囲内でここは決めましょう。
一応なぜ多いほうがいいのか、カンタンにつけ加えておきます。

なぜ運用資金が多いほうがFXでは有利なのか?

pasja1000 / Pixabay

通常、多くのFX会社は

【10,000通貨単位】

から取引が可能なんですね。

 

Shoow
ドル円相場で例えます。
取引するなら10,000ドルから開始ということです。

 

 

10,000ドルを円換算にする場合

1ドル=100円と仮定すると

10,000ドル=1,000,000円

 

100万円が必要となります。

 

そこにレバレッジ概念を導入。

 

【レバレッジ】
てこの原理のこと。この場合は、少ない資金で、より多くの資金を動かせるという意味。FXではレバレッジを使うことが出来ます。

レバレッジは法律で国内では最大25倍までと定められています。

つまり、自分の手持ち資金の25倍までは取引しても良いですよ。

という制度。

 

 

ですので、本来100万円必要なんですが、

レバレッジを最大限にするならば、

100万円の25分の1

およそ4万円から取引が可能となるわけです。

 

 

ただ、請け負うリスクもでかくなります。

 

 

したがって

トレーダーが破産しないよう守るため

強制ロスカットという制度が設けられています。

 

【強制ロスカット】
口座に残っている運用資金額が一定水準を下回ると、強制的に決済される仕組み。
本来トレーダーを守る機能ですが、
「損切りしたくない場面なのに無理やりされてしまう」
というのが難点なところ。
強制ロスカットされてしまうと
取引再開までに資金をまた口座に入れ直すなどの手間となります。
するとすぐに取引できなくなってしまいますよね。
その間にチャートが動いちゃってますので
みすみすチャンスを逃すことにも繋がります。
なので、資金は余裕をもって入れておきたいという結論です。

資金管理の面でも多いほうが有利

stevepb / Pixabay

FXで勝つための本質は、実は資金管理です。

資金管理の術がないと、どんだけうまくても負けてしまうのがFX。

これは天才ポール・ジモンさんから学びました。

Shoow
資金管理を制す。はFXを制す。

 

資金管理の術の中で、大きな要素を秘めているのが

資金のボリュームです。

 

 

資金ボリュームが多いと、もてる取引ポジションの数に差が出ます。

ポジション数の多さが、トレードの仕方に影響を与えます。
とれる戦術も変わります。
戦術の多さは、勝利への確率を高めてくれます。
ですから、運用資金は多いほうが有利となります。

まとめ

rawpixel / Pixabay

FPになったので、リテラシーもある程度ついた。

そして、このまま金融に興味をもった状態で自分の将来についてリスクを把握していきたい。

そのために、資産運用の手段も学びたい。そういう思いをもち

FXを始めたいと思っている方にして書いてきました。

 

 

FXを開始する際に必要なのは、

  1. 専用口座
  2. トレード環境
  3. 運用資金

 

たったの3つです。

 

これは、例えるなら

スポーツやりたいから、まず道具を買った

という段階です。

 

Shoow
肝心なのは、ここからです。

ルールを学ぶ = FXの基本知識をつけていく必要があります。

自分に合うスタイルを探す = 得意不得意が必ずあります。

練習をする = 失敗は必須。リスク・コントロールを学びます。

 

これらを身につけて

ようやく徐々に上手くなっていきます。スポーツと同じなんです!

 

短期トレードはリスクは当然高いですが、学習するにはもってこいの案件です。
FXはそれだけ学習する価値のある投資対象商品です。
「買って、稼ぐ!」は当然のモチベーションですが
それだけにとどめないでほしいです。
投資の基本が学べるツールとして優秀過ぎますもの!
為替のチャートが読み解ければ
株であれ仮想通貨であれ、いくらでも応用が効きます。
経済ニュースへのアンテナだって張らざる負えなくなります。
FPを入り口に金融の世界をもっと学びたいと思った方は
FXの勉強もぜひしましょう。
資金管理やリスク・コントロールというスキルは一生あなたの人生を支えてくれるに違いありません。
次回以降、初心者向けにFXを解説していきます。

おまけのはなし。今後の方向性とFPについて思うこと。

geralt / Pixabay
Shoow
いまはほんの触りの記事ですが、FX記事をこれから盛り込んでいきます。
どんな方向性なのかというと
  • FXの基本知識がわかる。
  • FXで勝つための知識が得られる。
  • わたくし「shoow」のFXへの考え方がわかり、参考にできる。一緒に勉強できる。
この3つのゴール達成のために
コツコツ構築していく予定です。

 

「FPでマネーリテラシーを身につけたのはいいけど、日常に役立てる方法はないかなぁ」と思っていた私がいるなら、他の人もきっといるはずです。
私は、まずは自分の人生設計ライフプランを見直し、
その後資産運用について、FPリテラシーを活かしました。
これだけ市民権も獲得してきているならば、
余計に学んでおいて損はないと思っています。

ただし、勉強は必須ですけどね。

関連記事

今回はテクニカル分析ってなんぞや?という初心者向けにわかりやすく書いています。 テクニカル分析とは 通貨の値動きの推移をグラフ化したチャートを読み分析することを「テクニカル分析」という。その分[…]

FPはもっと評価されるべき

ElisaRiva / Pixabay
このブログでは何度もいってますが、FPの体系化された知識は最高です。
なぜか、FP持ってる人でさえ、そのお宝に気がついていません。
Shoow
本来はその知識を土台に、投資戦術も学んでいけば強いはずなのに。

 

令和元年の今年、副業は解禁されたわけですし
資産運用に励む方は増加の一途です。
どうせなら、身の回りのお金のことが体系的に把握できるFPもを目指しちゃいましょうよ!
すでにFP目指して学習中の人ならば、その学習した知識をしっかり活用する!
その視点はもってほしいと思っています。

ただの履歴書埋めるだけのためなら、もったいないです。

なぜか、FPは簡単に取れる資格のためか、バカにしたり卑下したりする層が一定数います。

そういう方々は、おそらく試験の難易度だけでみているのでしょう。

 

FPの知識は、いざというときに気がつけるところが魅力なんです。

そして、金融への興味を日常生活を過ごしていく中で、

とにかく役に立つものだけでまとまっているという点です。

 

 

 

生きづらい日本社会。FP目指す人は増えると予想

geralt / Pixabay
個人的には、もっともっと伸びると見ています。
仕事に活かせるという単純な理由ではないです。

 

 

だって、義務教育にお金という科目がないんですもの。
なのに、社会人になるとお金のことは四六時中つきまといます
これだけ生きづらい日本社会を渡り歩くためには、
絶対にマネーリテラシーは必須です。
英語、プログラミングも大事ですけど、
お金の勉強は本当に、ひとの生き死に直結します。
当然、知識だけあればいいわけではないですよ。
でも、FPの知識を持っていると
「あれ、これって回避できたリスクじゃん。」
「というか、知ってれば発生さえしなかったリスクじゃん。」
そういうことに気が付きます。
未然に先回りできるわけです。落とし穴を見つけることが出来ます。
もっと良い方法があるということにたどり着けます。
「でも士業じゃないし、専門家じゃないからわからない」
いやいや、そこから専門家に頼ってもいいんです。
もしくは、専門性をとがらせたければ、そのまま士業に突き進んだっていいんですって。
Shoow
土台にまずは、FPをおきましょうって話なんです。

投資の世界では、リスクの捉え方がクソ大事!FPが伝える重要性。

Alexas_Fotos / Pixabay
FPの方は、よくクライアントに対し、将来リスクに備えてライフプランを見直す話をします。
「リスクに備えるには、守りを固めましょう。」
「無駄な消費をやめましょう。」
そして特徴的なのは、その視点。
とにかく節約・コスト削減ばっかりです。
たしかに無駄の削減は大切です。節約術も大切ですね。
でもね。
クライアントは増やし方も知りたいはずなんです。
にもかかわらず、
それにきちんと体験談をもって
応えている人は、本当にまだまだ少ないんじゃないかなぁと思います。
Shoow
見直しだけ提案するFPなんて
FPを個人で取得する人が増えたら
正直言って、不要じゃありませんかね?
私は、個人で防衛手段をとっていく時代だからこそ
こんなFPが価値を生むんじゃないかなーと勝手に考えています。
  1. ライフプランの見直しの提言で、守りの固め方を助言できる。
  2. 自身が投資家で、運用体験談も語れる攻めの相談相手にもなれる。

 

攻守ともに、クライアントとトークセッションができるFPがわたしの目指すところです。

 

Shoow
もちろんFPのアドバイス範囲は
法令遵守するのは言うまでもありません。
投資は全て自己責任の世界ですしね。
また同時に、クライアント側も覚悟が必要ですね。
情報弱者だからといって、ご自身でろくに調べもせず
全部なげっぱなしにしないことです。
さらに、相手の話を鵜呑みにしないことです。
真剣に自分の人生について、悩み考えるべきです。
100年ライフなんですから。
生存コストがますます上がる一方なんですから。
経済面ではFPの知識はやっぱり必須だと思います。
Shoow
私は薬剤師でもあるので、健康面の重要性と
自助努力による防衛戦略についてもホントは語りたい・・・
でも、ここテーマ違うからね。自主規制します。。。
ということで、話すとキリが無くなりますので、このへんで終えます。
投資を続けるには、日々知識のブラッシュアップと
資金繰りと人生設計の見直しが必要ですから、
FP(ファイナンシャルプランナー)のリテラシーとそれを獲得する意義は高いというお話でした。
最後までお付き合い頂いた方、ありがとうございます。
良いなと思えた方は、どんどんシェアをしてくれると励みになります。
モチベーションが上がります。
あと、ブログランキングなるものも設置してみました。
もっと記事をみてみたいと思う方は、ぽちっと押していただけるとうれしいです!

人気ブログランキングへ




最新情報をチェックしよう!
スポンサー