Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
教育資金を贈与すると非課税になるって知ってました?

教育資金を贈与すると非課税になるって知ってました?

[estimated_reading_time]

教育資金を贈与すると非課税になるって知ってました?子育ての中で教育資金は大きな額を占めるだけに、節税対策はできるだけ積極的にしたいところですよね。よかったら読んでください。

・この記事は以下の人向け・

1. 教育資金で悩まれている方
2. 相続・贈与について悩まれている方
3. 税金の制度を活用方法を知りたい方

この記事を読むとわかること

教育資金での節税方法がわかる。
教育資金贈与の非課税措置制度についてわかる。

 

この記事は誰が書いてるのか?

Key
日頃から金融経済ニュース
に触れ日々情報を更新。
FP,及びAFPの資格を有し
税金にも詳しいKeyが解説。
スポンサー

教育資金を贈与すると非課税になるって知ってました?

子育てにおいて、最もお金で悩みが多い教育資金。

コツコツと貯めているヒトもいれば、保険などで積み立てているヒトもいるかと思います。また、おじいちゃんやおばあちゃんが孫のために支払ってあげるというケースもあるかもしれません。

今回は、そんな教育資金にまつわる税金面のお話をしてみます。

教育資金贈与の非課税制度

祖父母などの直系尊属から、30歳未満の子や孫に対し、教育資金として一括贈与した場合、1,500万円までを上限に贈与税を免除するという制度。
つまり、

父母、祖父母などの直系尊属の人が子供や孫に教育資金として贈与する場合、1,500万円までは贈与税として非課税となります。

贈与を受けた人は、この資金を30歳までに教育資金として使うことが必要です。

Shoow
いわゆる生前贈与というやつですね。

生前贈与

生前贈与には、通常3年以内に相続が発生した場合、贈与額が相続財産に加算されてしまう『3年以内贈与加算』というのがあります。

がしかし、今回取り上げる教育資金は、制度を利用するとその対象外です。したがって、贈与税対策と同時に、相続税の対策にもなります。

 

教育資金贈与の非課税制度を使わない例

実際に計算して恩恵を数値化してみましょう。

教育資金:300万円とすると

{(300-110)✕15%}ー10=18.5万円

18.5万円の贈与税を支払う必要があります。

よって、実質

300ー18.5=281.5万円

まで使える資金は減ってしまうわけです。

 

教育資金贈与の非課税制度を使った場合

言わずもがな、贈与税は支払わないので0円です。

 

Key
絶対に使いたい制度ですね。では具体的な部分もみていきましょう。

どこで手続きができるのか

教育資金口座の取り扱いがある金融機関で口座開設を行います。

口座開設は、贈与を受けるヒト1名あたり1金融機関1営業所です。

 

教育資金の払い出し方

2つのパターンがあるかと思います。

  1. 教育資金を支払った後に口座から引き出す(後出し)
    1. 教育機関などへ支払う。
    2. 領収書などの証拠を支払日から1年以内に金融機関に提出する。
  2. 教育資金を支払う前に口座から引き出す(先出し)
    1. 口座から払い出した年と同じ年に、教育機関などへ支払う。
    2. 領収書などの証拠を支払った年の翌年3月15日までに金融機関に提出。

 

教育資金の範囲

  • 学校等の入学金、授業料など

詳しくは文科省サイトで確認してくださいね。

使いきれなかった場合

教育資金として利用した金額を差し引いて残った金額に対して贈与税が課税されます。

Key
ここは注意が必要ですね。

まとめ

ある程度のまとまった金額であれば、家族であっても贈与税の対象となります。

が、教育資金という目的が明確であるお金は、この制度のおかげで1500万円までは非課税です。

仮に祖父母から孫のために教育資金をと思っている場合、この制度を活用することで、祖父母の財産もその金額分減少します。

ですので、相続対策にもつながっていくわけです。(※他のケースもあるため今回は詳細は除いています)

パターンが多く、複雑な税金の制度ですが、少しずつでも紐解いていくと使えるお得な制度がみつかってきます。

とっつきにくい税金ですが、家計に跳ね返りが大きいところでもありますから、自分に当てはまるところから学んでいきましょう。

もしお役に立てたなら嬉しいです。当サイト【キワドク!】ではお金に関わる情報をできるだけわかりやすく解説しています。

まだ他の記事も読んでいない方は、別の記事も読んでくれると嬉しいです。

合わせて読みたい!

関連記事

[estimated_reading_time]お金が貯まらないと嘆いていませんか?お金を正しく貯めるヒントは、実は生活習慣の中にあります。今回はお金を貯める生活習慣を教えます。ぜひお読みくだ[…]

お金を貯める生活習慣『厳選3つ』を教えます。
関連記事

[estimated_reading_time]医療費控除ときくのなんだか難しそうですね。でもこれって結構使わないひとも多い。医療費控除のポイントは家族の分もまとめて行うこと。税金については知らないと損していることが多いです[…]

医療費控除で得しよう!セルフメディケーションのすすめ!どっちがお得?併用は?
関連記事

[estimated_reading_time]最近TVCMでも見かける明治安田生命の積立保険「じぶん積立」。今回はこの商品について取り上げてみたいと思います。  この記事は誰が書いてるのか[…]

明治安田生命の積立保険「じぶん積立」のメリットとデメリット
関連記事

子供が幼稚園から大学を卒業するまでの学費は一体『いくら必要か』考えたことありますか?想像以上に教育資金はかかるものです。将来のことで漠然としている方が多いとは思いますが、可能な限り具体化しておくことをオススメします。みなさまのご[…]

子供のための教育資金はいくらかかる?【キワドク!ラジオ1#】

↓役立つ!って思った人は是非シェアしてください。喜びます↓
お好きなSNSでどうぞ

教育資金を贈与すると非課税になるって知ってました?
最新情報をチェックしよう!
スポンサー