Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
投資信託で大損しない方法!基準価額が下がった時こそ資金力が大事!

投資信託で大損しない方法!基準価額が下がった時こそ資金力が大事!

[estimated_reading_time]

投資信託で大損しない方法を解説。常に変動相場では価格が上下するものです。投資信託では基準価額が下がった時こそ買い増せる資金力を備えておくことが大事です!ご興味ある方はぜひお読みくださいね。

この記事は誰が書いてるのか?

Shoow
銀行預金では老後資金は
全く得られないと思い
20代からインデックス投資を
基盤に長期投資を開始。
数年前からFXで短期トレードも実施。コツコツ継続中。

・この記事は以下の人向け・

1. 投資信託に興味がある方
2. 投資信託で損したくない方
3. 投資信託の運用のコツを知りたい方

 

この記事を読むとわかること

投資信託大損しない方法がわかる。

効果的な資金繰りがわかる。

スポンサー

投資信託で大損しない方法!基準価額が下がった時こそ資金力が大事!

投資信託で大損しないためには、投資の本質を理解する。

投資の本質は

安く買って高く売る。

これは変動価格相場の市場で資産運用する以上

覚えておかなければならない原則です。

 

利益を出す=安く買って、高く売る

逆に

損をする=高く買って、安く売る

 

大損したくないなら、まずこの本質を理解して

極力、損する売買を避けましょう。

 

投資信託はデイトレと違う!超長期戦という事を忘れないこと!

FXや株には、デイトレード(略してデイトレ)という手法が存在します。

1日(day)スパンで売買取引をする手法。

デイトレは市場の流動性が高い商品で行われる手法です。

投資信託はデイトレに不向きな金融商品です。

したがって

投資信託で本気で資産運用をしたければ、

1日という短期ではなく10年以上の超長期スパン

物事を捉えなければなりません。

頻繁に売買を行ってしまうと、売買手数の分だけどんどんどんどん損をします。

もしあなたがデイトレなどの短期トレードをしたい場合は

別の金融商品で行うようにしましょう。

Shoow
自分でしたい投資手法と対象商品の選択を間違えないだけでも、損を大幅に回避できます。

基準価額が下がった時に買い増す資金力を持っておこう!

投資の原則から考えると、基準価額が下がった時に

いかに『安く大量に買っておけるか』が重要です。

そのときに大切なのは、

その時あなたに
資金力があるかどうか。

いつ下がるかは、誰にもわからないのが相場の常。

我々は相場に対して無力なわけです。

しかし、その下がっている局面であなたが

資金不足で
買う体制さえとれていない

こういう状況は絶対に避けなければなりません

大きな機会損失につながり、実質的に損とも言えるからです。

投資信託においては、

Shoow
基準価額が下がった時こそ買い増せる資金力を備えておくことが大切です!

 

投資資金は家計の黒字から用意するべし!

家計調査2018
家計調査報告(家計収支編)2018年(平成30年)平均結果の概要
原本はこちら

この調査結果をザックリみてみると

収入55万、手取り45万、支出31万

そして黒字が13万円

らしいです。

Shoow
もちろんこの金額が全世帯に当てはまるわけではないです。あくまでも目安です。

この黒字の13万円から投資資金を準備するのが基本です。

元本割れをしてしまうと困るような資金は除く

子供の教育費や住宅・自動車購入の頭金など、
ある程度払う事が決まっていて
絶対に減らせない資金は取り除いてください。

 

例:13万円のうち50%は貯めよう。

差し引き:65,000円が余剰資金となる。

 

Shoow
計画性が問われる部分ですね。そしてなにより投資は常にこの余剰資金で行いましょう。

余剰資金も全額ぶっ込むことは絶対しない!

必要な部分を取り除いた余剰資金65,000円。

損する人の多くは、この投資できるまとまった資金を

なぜか全額投資に回したがります。

 

「仮想通貨に100万円ぶっ込む」とかね。

Shoow
それじゃ単なるギャンブルです。
あなたが投資家ならば
絶対にやめましょう。

まとまった資金の一定額は必ず現金キャッシュとして

キープする癖をつけてください。

 

例:65,000円の50%はキャッシュフローに。

差し引き:32,500円

 

このキャッシュフロー(資金繰りの良さ)が、投資を続けていく上でなにより重要なポイントです。

リスクをチャンスに変えるのはキャッシュフロー

国内、国外の株式をはじめ、様々な商品を組み入れているのが投資信託です。

ですから、市場の状況、為替の変化、災害、戦争などの影響によって基準価額が下落する場合があります。

もしそのときあなたが、

全額投資を行っていたら損失が膨らみます。

一方、

余剰資金を常に保っておき

良好なキャッシュフロー体制を構築している

その下落した際に、安く追加購入することができます。

 

それはつまり、

その商品の平均取得単価を下げることにつながります

 

Shoow
結果的に「安く買った」という事です。

これでリスクを減らし、チャンスに変えることができます。

まとめ

投資信託で大損しない方法についてできるだけカンタンに解説しました。

ポイントは、

  • 投資の本質を意識する。
  • 無駄な取引を行わない。
  • 基準価額が下がった時こそ買い増しできる資金力をもっておく。

 

特にその資金力は、普段の家計を整えて、

そこから生みだせる余剰資金に依存します。

もしくは、あなたの収入力にも依存します。

 

Shoow
ノウハウを学びながら、家計収支を管理し、投資資金を作り出すのも投資家として大切なスキルセットの一つです。

もしあなたが、駆け出しの投資家で

家計の資金繰りもうまくいかない場合は

一度ファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

日々の細かい資金繰りはもちろん、

将来のライフステージに合わせて、必要経費なども算出してくれます。

また

銀行のような低金利の口座に貯蓄なんかするよりも

貯蓄性のある保険でカバーしておいた方が

運用・節税の両面でお得!そんなケースも多いです。

 

Shoow
少ない掛け金の保険で
あなたの人生の守備力を高めつつ
余剰資金を創り出す。
そして同時に投資対象商品の勉強と
テクニック、ノウハウ習得を進めていく。

 

働き方が多様化した現代では人生設計のパターンは千差万別。

あなたがFPじゃない限り、その答えを自分1人で導きだすのは膨大な時間を消費してします。

であるならば、あなたの貴重な時間は将来プラスを生むものに当てるべきです。

経費計算や保険商品の選定など、1円も生み出さない作業過程部分は、潔くプロに任せてしまいましょう。

あなたが最もすべきなのは『人生にプラスとなる意思決定』を下す事です。

プロから客観的な意見をもらい、自分の人生のロードマップがみえたら

良質な意思決定を下していく。それが投資家として本来やるべき姿です。

また、

専門的な意見も加えて組んだあなたの人生設計は

一度行えば、数年間は見直さなくても済みます。

これだけでも大幅な時間の削減ですね。

ただやみくもに1人で考えず、まずはプロに無料相談してみましょう。

そして限りあるお金から投資資金を捻出し、一刻もはやく積立投資を開始しましょう。

お金のコンシェルジュと言われる専門のFP(ファイナンシャルプランナー)が、
あなたのライフプランに合った保険をご提案

 

長生きリスクに備えるために合わせて読みたい!
関連記事

[estimated_reading_time]今回は投資信託の仕組みを簡単に説明し、合わせて初心者がすぐに始められるよう効果的なアセットアロケーションのご提案です。参考にしてみてください。 &nb[…]

老後不安に備える!少額!低リスク!投資信託のアセットアロケーション
関連記事

[estimated_reading_time] Keyどーも。みなさんKeyです。みなさまは保険の解約返戻金を活用した資産形成の仕方を知っていますか? 具体的にご説明[…]

保険で得する解約返戻金の活用方法




投資信託で大損しない方法!基準価額が下がった時こそ資金力が大事!
最新情報をチェックしよう!
スポンサー