Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
保険で得する解約返戻金の活用方法

保険で得する解約返戻金の活用方法を教えます!

[estimated_reading_time]

 

Key
どーも。みなさんKeyです。

みなさまは保険の解約返戻金を活用した資産形成の仕方を知っていますか?

 

具体的にご説明します。

※前提としてこのやり方は保険についてしっかり理解した方が対象となります。

・この記事は以下の人向け・

1. 保険で損したくない方
2. 保険で資産運用を考えている方
3. 保険について詳しくなりたい方

 

この記事を読むとわかること

保険の解約返戻金で得する方法がわかる。

保険を用いた資産形成の方法がわかる。

マネーリテラシーがつく。

スポンサー

保険で得する解約返戻金の活用方法を教えます!

QuinceMedia / Pixabay

保険というものは、期間を決めて、その期間中の保証を買う商品です。

 

もし、その保険を解約をした場合、解約返戻金が戻ってきます。

 

 

実は、この解約返戻金をうまく使えば、資産形成に役立てることが可能です。

 

 

Key
具体的にどうやるのかというと・・・

終身保険を用いて保険料の払い込み期間を短くし、
解約するまでの時間を使って資産を増やしていく方法
です。

スポンサー

保険がついて資産形成が可能!?

kalhh / Pixabay
Key
まず基本となるのが、いつの時期にどのくらいの資産を作りたいのかを考えます。

 

ゴールを設定しないとこの方法は使えません。

 

次に用いるのは、終身保険です。

 

終身保険を用意したら、

今度は、解約返戻金が支払った金額の100%を超えてくる時期はいつなのかを確認します。

 

支払い時期については以下の特徴があります。

 

短期払いになればなるほど解約返戻金の立ち上がりが早い。

▶その分、時間の経過とともに資産が増えていく。

▶支払った金額よりも増やして受け取ることが可能となる。

※デメリット部分※

▶しかし、短期払いにすれば当然ながら、1回に支払う保険料は上がる。

 

Shoow
でもこれって本当はデメリットじゃなくて
当たり前の話なんだよね。

 

 

保険料の中に運用資金が組み込まれているわけだから

保険料が上がる ▶ 運用資金を増やす

のと同じ意味。

ということは、

【短期払いにすれば1回に支払う保険料は上がる】

というのは

【1回の運用資金が多い】ということになる。

 

仮に
運用成績10%で回してる商品ならば、当たり前だけど
毎月1万円の保険料(運用資金)よりも、
3万円の保険料(運用資金)のほうが資産を早く生み出すことになる。

 

今回の場合、資産=解約返戻金 なので

1回の保険料が高い = 解約返戻金の増える時期が前倒しになる

 

というわけ。

 

Key
そうです。保険料とみるとデメリットに感じますが、
運用資金とみるならば
デメリットという表現はおかしいですよね。

 

保険で資産形成するとついてくる嬉しいメリット3つ!

Gellinger / Pixabay
Key
保険商品で資産形成するのと
そうでない金融商品を用いて資産形成する場合
3つの点で変わってきます!

1、終身保険を使っているため、解約さえしなければ保障がずっと持てる。

運用しながらも、終身保険の保証をもっているため

 

もし、万が一のときは、その保証が作動し、遺族に死亡保険金がおります。

 

一方

これが保険商品でないもので運用していた場合は、

保証そのものが存在しませんので

その時点での運用成績のまま止まります。

 

Key
もちろん、亡くなったご本人に代わって
運用できるスキルがある人がいれば問題なしです。
が、大抵の人はそんな人いないでしょう。

2、税金面でお得な控除が使える。

投資商品によっては、利益が雑所得扱いになるなど

税制面で不利な場合もあります。

 

そうなると

死亡保険金や満期保険金を受け取る場合にかかる税金の方がお得になるケースも考えられます。

Key
生命保険の場合、契約者、被保険者、保険金受取人の組み合わせによってかかる税金が種類が異なります。こういうときこそFPの知識の出番ですね。
関連記事

ファイナンシャルプランナーって皆さんご存知ですか?お金に関するプロフェッショナルです。ファイナンシャルプランナーなるためには国家資格に合格しなければなりません。マネーの知識を網羅的に勉強していくので、今回はその魅力をご紹介しています[…]

【FP】最強コスパの資格ファイナンシャルプランナーの魅力を語る

 

また他にも毎月支払っている保険料は、年末調整の際に

生命保険の控除枠が使えるので、その分税金を圧縮することもできますね。

 

Shoow
税金面を考慮した資産形成プランが建てられるかどうかで
将来の人生設計に大きく影響します。
当サイト【キワドク!】がFP取得をおすすめする最大の理由!
税金を制すものは、投資を制す! なんちゃって。

3、保険を用いるケースがなければ、貯蓄性と保証のダブルの恩恵を受けられる!

もしも死亡保障を使うこともなく

そのまま生活を送っていった場合(死亡しなかった場合)

 

 

Key

そうですね。具体例をあげてみましょうか。

 

【保険の内容】
がんのとき200万円受け取れる保険
▶支払う総金額:150万円死亡しなかったので、予め決めてた年齢で何事もなく解約できたとする。▶解約返戻金180万円 で返ってきた。

 

これってどうです?

 

支払い150万円にも関わらず、運用がうまくいってて何事もなかったら+30万円増えて返ってきてます。

 

仮に180万円になる前に死亡しても、死亡保険の200万円はおりるわけです。

当然、その前に死亡しても200万円はおります。

 

安心できる方法だと思いませんか?

 

こういう保険商品というものは実際に存在するんです!

 

でもそれをストレートに顧客に教えることはないのがこの業界。

Key
恥ずかしい話。どこ目線で仕事してるかってはなしです。
Shoow
それに負けないために読者を導くのがキワドク!の役目。Key失望しないで。
スポンサー

まとめ

smpratt90 / Pixabay

皆さん、いかがだったでしょうか?少し専門的な内容だったので難しかったかもしれませんが

マネーリテラシーがある方はもうとっくにやっている方法です。

 

保障を得ながら資産形成をできる。

なおかつ、税金の控除の恩恵パターンも豊富なのは商品は、生命保険しかありません。

貯蓄ひとつ考えるにしても、保険について詳しくなっておくというのは、かなり有利です。

Shoow
なんたって100年人生だから早く時間を活かしたもん勝ち!

保険を資産形成の手段の一つとして良いのではないかと思います。

もしあなたがファイナンシャルプランナーを独自でとりたいとおもったなら最後の記事もお読みください。おすすめです。

一方、そこまではしたくないけど、有益な情報だけはほしいと思った方は、ぜひファイナンシャルプランナーに相談してしまいましょう。

いまなら無料相談できる状態です。相談してからしっかり悩む。それが賢い選択です。

このまま記事を読んで「ふーん」とわかった気になってもおそらく行動に移さない人が大半でしょう。

動かないと時間だけが経過して、その分だけ老後不安への守備力が減ってしまいます。時間だけは常に有限なのです。

相談してもしなくても、必ず将来不安にみんなが悩みます。当たり前です。不景気ですもの。

だったら潔くプロの意見を聞くのが得策ではないですか?

無い知恵振り絞るよりも、知恵あるものが用意した複数のプランから検討する。

あなたは行うべきは、将来への意思決定です。あなたの人生設計にプロの客観的な意見を無料でもらいましょう。

お金のコンシェルジュと言われる専門のFP(ファイナンシャルプランナー)が、
あなたのライフプランに合った保険をご提案

合わせて読みたい!

関連記事

ファイナンシャルプランナーって皆さんご存知ですか?お金に関するプロフェッショナルです。ファイナンシャルプランナーなるためには国家資格に合格しなければなりません。マネーの知識を網羅的に勉強していくので、今回はその魅力をご紹介しています[…]

【FP】最強コスパの資格ファイナンシャルプランナーの魅力を語る
保険で得する解約返戻金の活用方法
最新情報をチェックしよう!
スポンサー