Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
保険もかけつつ税金で得しよう!【保険活用と税制度】

保険もかけつつ税金で得しよう!【保険活用と税制度】

[estimated_reading_time]

あなたはただなんとなく保険に加入していませんか?実は保険に加入している方は、税制面で有利です。今回は保険活用と税制度についてわかりやすく掘り下げてます。どうぞお読みください。

・この記事は以下の人向け・

1. 生命保険にあまりくわしくない方
2. 税金を有効活用してトクしたい方
3. 生命保険をまだ加入していない方

 

この記事を読むとわかること

生命保険の税金控除ついてにわかる。

この記事は誰が書いてるのか?

Key
日頃から金融経済ニュース
に触れ日々情報を更新。
FP,及びAFPの資格を有し
保険にも詳しいKeyが解説。
スポンサー

保険でお得になる控除制度についてご存じですか?

生命保険を加入してる方は、

年末調整や確定申告の際に、所得控除を受けることができます!

 

所得控除とは、一定の要件にあてはまる場合に所得の合計金額から一定の金額を差し引く制度。

控除された分には、税金がかかってこない仕組みです。

 

 

Key

実は、この控除制度は、生命保険にも当てはまるのです。

 

生命保険に加入するということは、

万が一の時に助けてくれる保険を買う代わりに

毎月保険料を支払います。

この毎月支払う保険料の一部は、所得控除の対象になるんです。

 

Key
つまり『将来の安心を創る保険を買いつつ所得税制面でもトクしよう』となるわけですね。

 

2019/7現在、一般生命保険料控除②個人年金保険料控除③介護医療保険料控除 の3つがあります。

 

Key

国で認められている控除制度を活用するということは、

この3つに支払っている保険料からは税金はとりませんよってことです。

 

 

※実際は、すでに毎月保険料を支払っていますので、後から取りすぎ税金分が返ってくるという感覚です。

生命保険の保険料控除で合法的に得しよう!【控除活用テクも公開】

 

Key
もう一度整理しましょう。

 

 

  1. 一般生命保険料控除
  2. 個人年金保険料控除
  3. 介護医療保険料控除

 

気になるのは、その控除額ですね。

いったいいくらの保険料が控除されるのか?

 

1つのカテゴリ毎に支払っている保険料のうち、年間で最大4万円まで控除できます。

3つのカテゴリの保険をかけている方は、

4万円 ☓ 3 =12万円分
控除受けられる

ということになりますね。

 

もしもあなたが

「将来不安だから収入も上げて、備えとして保険をかけたい!」

という思いがあれば、この制度を賢く使える保険を選ぶことが大切です。

 

Key
だって保険買いつつ節税できて一石二鳥ですからね!

 

保険料控除を活用した具体例。

 

年間の支払っている保険料の合計額は以下の通りだったとします。

  • 生命保険12万円
  • 医療保険8万円
  • 10年確定年金として12万円

トータル32万円。ここで先程の保険料控除のルールをみます。

一般生命保険料控除、②介護医療保険料控除、③個人年金保険料控除 の3つで最大の12万円の所得控除が受けられる

つまり、この12万円をその年の所得から差し引くことができるわけです!

差し引くことで、所得税や住民税の負担を減らすことにもつながります。

従って、保険を上手に活用することは、

納める税金を合法的な手段でしっかりと減らすことにつながります!

 

Shoow
もっと言えば、他の活用方法とのコンボで資産形成もできつつ、所得控除も受けられる方法もあります。自分の保険を理解していない方は、一度見直してみる事をオススメします。

 

控除を受けるために保険に入るのは本末転倒。プロの助言をもらうべし!

 

保険料が所得控除にもつながり節税できるとお話しましたが、注意が必要です!

 

なぜなら、ただ控除を受けるために保険に入るのは本末転倒になるときもあるからです。

 

ですので、加入する前にはプロからのアドバイスをもらうのも良いと思いますよ!

 

Key
ただの保険の営業マンからアドバイス受けるのはオススメしません。

 

 

アドバイスをする方は、客観的なポジションの人にしましょう。

オススメなのは、やはり、ファイナンシャルプランナーです。

Key
 よくFPとも省略されます。

 

顧客の人生設計の悩みを聞いて、持ち前の金融知識をつかって、具体的なアドバイスをするのが主な仕事です!

税金や控除の仕組みにも精通しており、

あなたの人生計画(ライフプラン)に合う対策も合わせて教えてくれます。

 

お金の専門家FPに無料相談
4.7



FPに相談すると得られるメリットがたくさん!1人で決めるより、圧倒的に有益です。
FPは、投資だけでなく、金融全般の知識があるので、客観的なアドバイスを貰えます。
既婚者だと実際の子育て教育の悩みも理解してもらえます。
喫茶から自宅までお好きな場所で相談できるのも利点です。
生命保険・損害保険の無料相談/見直し『FP無料相談』

無料で相談できる 5.0
結婚・出産などのライフイベント相談可能 5.0
人生設計の守備力である保険の相談が可能 5.0
関東圏限定 3.5
クレーム件数ゼロ 5.0

 

保険に入ってしまうのはカンタンですが、よくよく振り返ると

案外だまされて損している方々が多くいるのが現状です。

Key
そして、気が付かないまま、保険の更新の時期が迫り、またそこで損するケースが続発してますね。

これは、適切な見直しがなされていないために生じる現象です。

 

保険は、年齢が高いほど保険料も高くなる傾向にあります。

見直しの際に、ろくに検討しなければ、必然と高い料金で組み直される事になります。

Key
何も対策しないと損しちゃうんです。

 

私に相談をしてくれた人には、状況を分析させていただいた上で、

厳しいですがご指摘させていただく場合もあります。

 

でも今まで顧客様からどんなに厳しくご指摘しても

私が叱られることはなく

むしろ逆に

「もっと早めに相談してアドバイスを受けたかったよ。アドバイスありがとう」

と感謝されています。

ですので、本当に良い仕事をしているんだと自信にもつながっています。

 

 

Key

そもそもファイナンシャルプランナーの仕事を当たり前にしてるだけです。なので当たり前の事をやって、感謝されるのはうれしいです

 

保険っていざというときのための保険なんです!

なんでいざという時に備えようって意識があるのに

加入の前にきちんと相談しないのでしょう?

 

きちんと相談さえできておけば無駄に高い保険料を払わなくて済みます

 

浮いた保険料の金額を貯蓄や投資にまわしていけばいいんです。

 

細かいことかもしれませんが、

こうして自己防衛していかないといけない時代なんです。

まとめ

人生において、住宅の次に高い買い物と言われるものに保険が入ります。

 

そんな保険で失敗しないということは、

投資利回りで換算したらとんでもない利益です!

 

「不安を抱えていたり、わからない」

 

なら尚更ですよ!

 

放置していたって、その問題は解決しません。

 

保険で損しないためにも、まず無料登録して相談しておくことをオススメします。

 

お金の専門家FPに無料相談
4.7



FPに相談すると得られるメリットがたくさん!1人で決めるより、圧倒的に有益です。
FPは、投資だけでなく、金融全般の知識があるので、客観的なアドバイスを貰えます。
既婚者だと実際の子育て教育の悩みも理解してもらえます。
喫茶から自宅までお好きな場所で相談できるのも利点です。
生命保険・損害保険の無料相談/見直し『FP無料相談』

無料で相談できる 5.0
結婚・出産などのライフイベント相談可能 5.0
人生設計の守備力である保険の相談が可能 5.0
関東圏限定 3.5
クレーム件数ゼロ 5.0
保険もかけつつ税金で得しよう!【保険活用と税制度】
最新情報をチェックしよう!
スポンサー