Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
医療費控除、離れて暮らす親の分も対象になる?

医療費控除、離れて暮らす親の分も対象になる?

[estimated_reading_time]

医療費控除についての記事です。結構わからないことが多くて悩んでいませんか?今回は、離れて暮らす親の分も対象になるのかどうかをみていきます。合わせて付随することも解説しているので参考にしてください。

・この記事は以下の人向け・

1. お金を節約したい方
2. お得な税金対策を知りたい方
3. 医療費控除について知りたい方

この記事を読むとわかること

医療費控除を使った節税対策がわかる。

この記事は誰が書いてるのか?

Key
日頃から金融経済ニュース
に触れ日々情報を更新。
FP,及びAFPの資格を有し
税金制度にも詳しいKeyが解説。
スポンサー

医療費控除、離れて暮らす親の分も対象になる?

 

医療費控除の対象期間はその年の1月1日~12月31日までの1年間。
この1年の期間に支払った医療費の合計が10万円を超えていれば還付申告が可能となる。

その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額となる。

また、医療費控除の上限金額は200万円である。

 

この医療費は年末調整の対象外。必ず確定申告が必要です。

Key
本人又は家族全員分の合算が認められているので、しっかりと計算しましょう。

実は、毎月仕送りをするなど実質的に扶養している状態であれば、離れて暮らしていても両親家族に含まれます。

ですので、その両親の医療費も合算して申告することが可能です。

 

付添人を頼んだ費用も医療費控除の対象になる?!

両親と離れて暮らしている以上、両親が入院したりした場合は

あなたに代わって世話をしてくれるヒトが必要ですよね。

実は、その人物が、親族ではないケースでは

付添料として支払う金額を医療費控除に含めることが可能です。

 

入院食も医療費控除の対象となる?!

病院から支給される入院食は、入院代と含めて医療費控除の申告が出来ます。

Key
案外盲点だったりするので、覚えておきましょう。

 

なお、出前だったり、外食は対象外ですのであしからず。

また本人や家族の希望などによる個室ベッドルームへの移動によって生じた差額のベッド代金も医療費控除の対象外です。

Shoow
他にも対象外のものをのせておきますね。

 『入院に伴う費用のうち、医療費対象外のもの』のまとめ

・親族による付添料
・出前や外食の費用
・希望による移動で生じた差額のベッド代金
・寝巻きや洗面具などの購入費用
・医療従事者へのお礼
正式に詳細を知りたい方はこちらをクリック。

入院代以外のマッサージの費用は医療費控除の対象となる?!

ここからは入院から少し幅を広げてみていこうと思います。

まずは、マッサージを利用したときの代金が医療費控除の対象となるのか。

気になりますよね。

Key
ポイントは『治療』かどうかです。

どういうことかと言うと、一般的にマッサージを利用するのは、

『リラクゼーション目的』や『健康管理、体調管理の目的』だったりしますよね。

こういう場合は、「治療」ではないため、医療費控除の対象外です。

Key
ただ例外もあります。

分かれ目はマッサージをする人物。資格取得者かどうか。

あん摩マッサージ師、はり師、きゅう師などの免許を有しており治療目的の施術は医療費控除の対象となります

また打撲、ねんざ、脱臼、骨折などの怪我で、柔道整復師による治療も医療費控除の対象となります。

正式に詳細を知りたい方はクリック。

 

人間ドックの費用は医療費控除の対象となる?!

『検査』という行為も医療ではないのか?と疑問を持ちやすいところです。

ですが、人間ドックはそもそも『治療』ではなく

『検査』ですから医療費控除の対象外です

Key
ここでのポイントは皮肉なことに病気がみつかると話がかわってきます。

病気が見つかると医療費控除の対象となる。

検査のつもりで受けた人間ドックですが、そこで病気がみつかり診断を受けると、治療が必要となってきます。

そうなった場合に限り、治療費と人間ドック代も医療費控除の対象に含めることが可能となります。

Shoow
嬉しいのやら、かなしいのやら。
いわゆる人間ドックや健康診断(以下「健康診断等」といいます。)の費用は、医療費控除の対象となりますか。
健康診断等の費用は、疾病の治療を行うものではないので、原則として医療費控除の対象とはなりません。
しかし、健康診断等の結果、重大な疾病が発見され、かつ、その診断等に引き続きその疾病の治療を行った場合には、その健康診断等は治療に先立って行われる診察と同様に考えることができますので、その健康診断等のための費用も医療費控除の対象になります。

 

ダイエットや健康グッズなどの器具代金は医療費控除対象となる?!

もうわかりますよね。

こちらは『治療』目的ではないために、医療費控除の対象外です。

Key

よくある勘違いとしてメタボ防止の為と言われるケース。

でもこれは、メタボ防止の為のいわゆる『予防』行為です。

疾病の治療を伴うものではないために、やはり認められませんので注意してください。

 メタボリックシンドロームに係る特定健康診査に係る費用は医療費控除の対象となりますか。

特定健康診査の費用は、疾病の治療を伴うものではないので、原則として医療費控除の対象とはなりません。

しかし、その特定健康診査の結果、高血圧症、脂質異常症又は糖尿病と同等の状態であると認められる基準に該当すると診断され、かつ、引き続きその特定健康診査を行った医師の指示に基づき特定健康指導が行われた場合には、その特定健康診査の費用(自己負担額)も、医療費控除の対象となります。

引用元:国税庁サイト「No.1122 医療費控除の対象となる医療費Q&A」

 

まとめ

今回は医療控除の話の中でも、『離れて暮らす両親家族に関する点』を切り口に、誰もが起こりうる入院時の疑問やそれに付随する事にも触れて解説してみました。

きちんと認めらた範囲、手順、方法を守って行えば、確実に還付が受け取れるため、該当するかどうか確認するようにしましょう。

よくわからない場合は、税務署を利用したり税理士に相談するのが一番です。

難しく考えずに気軽に相談してみましょう。

また

いざというときの備えとして【保険】についても

検討しておく必要があります。

医療保険はムダという意見もある中で、

必要という意見もあります。

正直「これだ!」という正解は存在せず、

あなたのライフスタイルや人生背景などが密接に関わる分野であるために、しっかりと検討・見直してほしいと思います。

当サイト【キワドク!】では長生きリスクに備えるために

【保険】についてもカテゴリとして設けています。

是非参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい!

関連記事

[estimated_reading_time] みなさまは保険の種類が3種類しかないのをご存じですか?Key今回は、ご要望が多い保険の種類について解説をします。 &n[…]

関連記事

[estimated_reading_time]最近TVCMでも見かける明治安田生命の積立保険「じぶん積立」。今回はこの商品について取り上げてみたいと思います。  この記事は誰が書いてるのか[…]

明治安田生命の積立保険「じぶん積立」のメリットとデメリット

 

税金について学ぶオススメの本

お金を学ぶためにオススメの学習法

  • ファイナンシャルアカデミー
    4.3
  • 【限定】高所得者のみ参加可能【資産形成術】
  • なでしこMONEY

自分で税理士を選ぶ事が難しい方は

税理士を探すのは至難の業。特に自分にあった税理士をみつけるとなると尚の事。どんな人かわからなかったり、どこまでやってくれるかもわからない。また報酬料金の体系も不透明。不安だらけですよね。自分で探すのが難しい方は、マッチングしてくれるサービスがあるのでこちらを利用するのが楽ちんですよ!

税理士紹介エージェント
4.88

税理士紹介エージェント確定申告をはじめ、相続、決算・節税、会社設立まで。税金に関する悩みを解決してくれます。

税理士に対する不満を無料相談可能! 5.0
自分に適切な税理士を見つけてくれる! 5.0
交渉代行・契約後のフォローもしてくれる! 4.5
報酬の内訳もわかりやすい! 5.0
総合 4.88

税理士紹介エージェント

医療費控除、離れて暮らす親の分も対象になる?
最新情報をチェックしよう!
スポンサー