Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
なぜ投資信託で失敗するのか?損するヒトの特徴を解説してみた。

なぜ投資信託で失敗するのか?損するヒトの特徴を解説してみた。

「投資信託は損するからやらない」という意見は多いと思いますが、本当にそうでしょうか?投資信託で失敗するにはそれなりの理由があります。今回は投資信託で損するヒトの特徴を解説してみたのでご参考になれば幸いです。

 

スポンサー

なぜ投資信託で失敗するのか?

「投資信託は損する。」この意見にまず、私は同意します。

ただし「条件付き」でです。というのも、うまくやれば損するどころか、着実に資産が増えていくんですもの。

そんな中で「失敗する」というのであれば、やはりやり方が間違えているからとしか言いようがありません。

従って、この記事では「間違えているやり方」を損する人の特徴として列挙してみたいと思います。

営業マン任せで選んでしまうから損をする。

これが「損する最大の原因」といっていいでしょう。

こういう言い方をすると

『営業マン=お客を騙す悪いヒト』と考えがちですが、

全ての営業マンがそうではないはず。

悪意がなく、ただただ一生懸命に顧客の事を考えている、そんな優秀な営業マンがいるのも事実です。

 

問題なのは、その営業マンが売ろうとしている商品が

「あなた自身に本当に必要なのかどうか」という点です。

ここが曖昧だと「誰が売ろうが買っても損する」と言えるでしょう。

Key
不必要なものを買うということほど、無駄なものはないわけですから、考えてみれば当たり前ですよね。

コスト比較を怠っているから損をする。

投資信託は手数料のかたまりみたいな側面をもっています。

たとえ同じ金融商品であっても、どの証券会社から購入するかで価格が変わります。

投資信託における価格=コストは単純な構成ですから、まずわからない方はこちらの記事を読み、知識を仕入れましょう。

その上で、どこから購入するのが得策なのかを考える癖を身に着けましょう。

関連記事

[estimated_reading_time]投資信託で運用を失敗したくないですよね?投資信託は本来リスクを分散できる金融商品ですが、損失を出している人も結構います。今回はその原因を探ります。・[…]

投資信託で失敗する原因3つ

 

インデックス投資をしないから損をする。

インデックス投資というのは、金融に関する指標に連動する投資商品を対象に投資を行う手法のこと。

対して、インデックスよりもより高い収益を狙う手法をアクティブ投資という。

インデックス投資はきほん放置、ほったらかしのため飽きてくるので、アクティブ投資を行う人も多いが、過去のデータ上いずれの金融上京でもインデックス投資の方が成績が良いという報告もあるという。

故に、失敗しない、損しないという観点からすると、インデックス投資が無難と言えると思います。

Shoow

私の場合は、両者うまく配分してやってる感じですが、ベースは固めてます。
サテライト運用に近いと思います。

まとめ

投資信託で損するヒトの特徴として、失敗する原因を解説してみましたが、いかがだったでしょうか。

投資信託は、低価格から始めることができるだけでなく、リスク分散も容易にできて管理もしやすい金融商品です。

以前よりも買い付けやすくなった環境があるのですから、老後不安がある人ほどやるべき資産形成の手段だと思っています。

 

まだ始めていないヒトは100円からでも良いのでやってみましょう。

儲ける前に、体験をすることを優先に始める事をおすすめします。

私なんて、19歳くらい無知な若造から勉強し、自力で学習しました。

いま振り返ってもよくやったなーと思いますが、

それが糧となって、いまの己を支えてくれています。

 

 

 

個人的には、薬剤師という事で比較的安定収入がありますが、

この先も安定しているとは限りません。むしろ業界は下落トレンドです。

政治的に色々言われてはいますが、現場をみればわかります。

従来の日本の医療制度では立ち行かない事は明白であり、

崩壊の危機は迫っています。

 

医療従事者の立場でみれば、安定雇用の消失の恐れ。

医療受益者の立場でみれば、医療保険料の負担増、受診しづらさ高まる。

こんな具合いです。

 

医療に限らず、介護も同様でしょう。

年金問題も含めて、老後不安というリスクが高まる以上、

従事者であろうが、受益者であろうが、両者どちらの立場であっても将来に向けて備えが大切だということです。

 

投資信託を選ぶ時のポイントは

  1. コスト比較
  2. 誰から(どこから)買うか

これだけです。損するヒトであればあるほど、この2つをないがしろにしています。

そしてその根本にあるのは、

「自分が本当に必要な商品を、自分で選んで買う」

ということをしていない・・・

営業マン任せで選んでしまう

これが失敗の最大の原因です。

自分のニーズを自分で知り、自分で判断し意思決定するのが

投資家ですからね。自分で判断できるチカラを身につけるようにしましょう。

 

 

なぜ投資信託で失敗するのか?損するヒトの特徴を解説してみた。
最新情報をチェックしよう!
スポンサー