Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
初心者におすすめの投資はこれだ!【インデックス投資】

初心者におすすめの投資はこれだ!【インデックス投資】

[estimated_reading_time]

投資と言っても初心者過ぎて何からはじめればよいかわからない。

そんな人も多いと思います。リスクが少なく安定的に老後資産を形成できる方法に限って今回解説しています。ぜひ読んでください。

・この記事は以下の人向け・

1. 何から初めていいかわからない方
2. 老後不安に備えたい方
3. 安定的に資産を増やしたい方

この記事を読むとわかること

リスクが少ない投資商品がわかる。

インデックス投資の利点がわかる。

この記事は誰が書いてるのか?

Shoow
銀行預金では老後資金は
全く得られないと思い
20代からインデックス投資を
基盤に長期投資を開始。
数年前からFXで短期トレードも
実施。コツコツ継続中。
資産運用に1,000万円以上投資。
スポンサー

初心者におすすめの投資はこれだ!【インデックス投資】

早速タイトルに答えが書いていますが、初心者にまずオススメしたいのがインデックス投資です。

指数に連動する投資商品に投資する方法

※代表的な指数:TOPIX、日経平均株価

Shoow
初心者は投資信託を活用し「市場を丸ごと買う」インデックス投資をおこなうとメリットがデカイです。

 

投資信託によるインデックス投資のメリット

手数料が安い

インデックス型の投資信託の商品はノーロードで買うことができます。

販売手数料=ゼロ という意味。

買い付けがタダで出来るわけですから、その分が丸々利益と言えます。

 

Key
 手数料商売なのが金融業界ですからね。
必要経費なのは、仕方ありませんが、
不必要=無駄な部分は減らしましょう。

 

分散投資の効果がでかい

インデックス型の投資投資は、組み入れる銘柄は多いです。

その分だけ分散効果が期待できます。

分散効果がでかくなると、

個別株などと異なり、値動きが安定します。

 

例:TOPIX連動型のインデックス投資信託

東証一部全体の値動きを示す指標

よって、

TOPIX連動型であれば、

東証一部上場銘柄1800以上の値動きに

連動するタイプの商品であるということです。

 

Shoow
【その連動商品を買う=市場を丸ごと買う】のと同じ。

それはつまり、

 

投資家は、少ない商品で「1800以上の銘柄に分散投資している」

ということになるわけです。

 

リスクが市場平均並みで済む

市場全体に投資するため、「デカイ分散効果が得られている」

ということは、請け負うリスクも市場全体の平均で済むわけです。

投資初心者は、まだ不慣れなことが多いため

自分が一体どこまでリスクを取るべきかがよくわかっていません。

加えて、市場が下落局面では

目減りする資産に対して耐えるチカラも弱いです。

精神衛生面を考えても、できるだけリスクの変動幅が

小さく済む投資対象を選ぶべきです。

 

アタリ・ハズレがほぼない

インデックス型は、市場平均に連動するように動くだけですので、

商品ごとの差別化がしにくいという側面を抱えています。

これをポジティブにとらえると

『商品ごとに運用成績に差は生まれにくい』

 

Shoow

ということは、「どれを選んでもあまり差がない」ので、悩まなくて済むってわけです。

 

初心者すぎて

「何を買えばいいのわからない。」

「難しいことはいや」

という場合にもインデックス投資は向きます。

まとめ

リスクが少なく安定的に老後資産を形成できる方法に限って今回開設しました。いかがだったでしょうか?

初心者ほど、まだまだ知識も経験も浅いわけですから

あまり大きなリスクを負うべきではありません。

実際、アクティブ型よりもインデックス型の方が長期で見ると成績が上回っていたという話もあります。

インデックス投資は、その性質上値動きは小さいですが、

安定的に長期で運用するのに非常に向いています。

Shoow
投資目的が老後資産の形成であるならば、ぜひともオススメしたい投資方法です。

ノーロードで買付手数料はタダであっても、維持管理費と解約時の手数料はかかります。できるだけその手数料が安いところで買いましょう。

手数料が安いのは人件費がかからないネット証券です。

決してリアルの銀行からは買わないようにしましょう。失敗しますよ。

同じ投資信託の商品でも証券会社ごとに異なりますから、

複数のネット証券に登録し口座開設をしておきましょう。

「比較するのがめんどい」なんて思ってはいけません。

例えば主婦のみなさんは、チラシや広告を見て

「1円でも安い」ものを日々探して節約しているはずです。

投資商品の手数料の比較を行うのは、投資家の仕事です。

リターンというは、不確実なもの

ですが、

手数料は100%かかります。

 

手数料にシビアになるのは、投資の収益性に直結する行為です。

妥協することなく、きちんと比較するようにしましょう。

おすすめのネット証券はこちら。

SBI証券で口座開設
5

ネクシィーズ・トレードからお申込をする方限定のサービス。無料電話サポート窓口がご利用になれます。
SBI証券へ直接お申込された場合の条件にプラスされているだけなのでお得!
ネット証券がはじめての方には、口座開設のサポートもしてくれてとっても丁寧!
万が一の時にサポートが受けられるこちらから登録しておくと安心です。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

無料で口座開設できる 5.0
投資商品が豊富 5.0
投資情報で学べる 5.0
取引画面がみやすい 5.0
手数料が格安すぎ 5.0




初心者におすすめの投資はこれだ!【インデックス投資】
最新情報をチェックしよう!
スポンサー