Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
サラリーマンでもできる節税対策の仕組みを知ろう。大増税時代を乗り切る戦略。

サラリーマンでもできる節税対策の仕組みを知ろう。大増税時代を乗り切る戦略。

[estimated_reading_time]

もうすぐ消費税が10%に増税される予定です。その破壊力は凄まじいものがありそうです。少しでも税金への認識を高めて支出を減らしていく戦略を取りましょう。今回はサラリーマンでもできる節税対策の仕組みを解説します。

・この記事は以下の人向け・

1. サラリーマンの方
2. サラリーマンの家族の方
3. 節税したい方

この記事を読むとわかること

サラリーマンでもできる節税方法がわかる。
節税できる控除の種類についてわかる。
確定申告についてわかる。

この記事は誰が書いてるのか?

Key
日頃から金融経済ニュース
に触れ日々情報を更新。
FP,及びAFPの資格を有し
税金にも詳しいKeyが解説。

 

スポンサー

サラリーマンでもできる節税対策

サラリーマンは、会社が毎月の給与から所得税を天引き、源泉徴収します。

その後は、年末に1年分の税金をまとめて年末調整してくれるため、サラリーマンの大半は、確定申告する必要がありません。

そのために

「サラリーマンは節税の余地がない」

とおもわれがちですが、実際は違います。

きちんと理解していけば、サラリーマンでも節税ができる項目があるのです。

そのチャンスを逃さず活用しましょう。

こんなヒトは、確定申告をしたほうがいい。

基本的にはこんなヒトは、確定申告をすべきです。

  • 年間給与2000万円以上
  • 次の合計所得が20万円超えるヒト
    (株式等の配当所得や不動産の家賃収入等)
  • 2社以上から給与をもらっているヒト
  • 勤務先が年末調整していないヒト
  • ふるさと納税を行ったヒト
  • 公的機関に寄付したヒト
  • 医療費を使ったヒト
  • 災害にあったヒト。
Key
確定申告をすることでいくらかお金が戻ってくるケースがほとんどです。

所得税の計算式を知れば節税方法がわかる!

ところで、所得税は次のように計算されます。

所得税=
税金のかかる所得 ✕ 税率-控除額

税率は、所得額によって変わります。
控除額もルールで決まっています。
唯一我々がコントロールできるのは、
この税金のかかる所得(課税所得)の部分です。

課税所得をへらす=節税できる

というわけです。

サラリーマンと個人事業主の違いを知ろう!

では、どのようにして課税所得をへらせばいいのか。

サラリーマンの場合の課税所得を減らす方法

給料-給与所得控除-いろんな所得控除課税所得

ここの【いろんな所得控除】

これを増やすことで課税所得を減らすことが出来ます。

個人事業主の場合の課税所得を減らす方法

売上-経費いろんな所得控除課税所得

 

  1. いろんな所得控除を増やす
  2. 経費を増やす
  3. その他の特別制度を活用する。
Key
個人事業主は3つほど方法があります。
Shoow
サラリーマンは個人事業主ほど、融通は利かないけれども、節税できる仕組みはあるわけですね。

いろんな所得控除の種類と内容をみてみよう。

要件をみたし、対象となれば誰でも利用できる制度。所得合計から控除の分だけ減らすことが出来ます。

所得控除は全部で14種類。

大きく3つの視点で捉えよう!

ヒトに注目

  • 基礎控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 寡婦・寡夫控除
  • 勤労学生控除
  • 障害者控除

合わせて読みたい!

関連記事

[estimated_reading_time]サラリーマンの節税を考えた時、配偶者がいると配偶者控除が受けられます。この時配偶者の所得によってその効果が左右されます。そんな所得の壁についても解説してみました。参考にしてくだ[…]

サラリーマンの節税。配偶者控除と所得103万円の壁

保険に注目

  • 社会保険料控除
  • 生命保険控除
  • 少希望企業共済等掛金控除

 

Key

個人年金保険、介護医療保険、地震保険も対象。
保険に入っていなければ控除も自ずと少なくなります。

確定申告に注目

  • 医療費控除
  • 雑損控除
  • 寄付金控除

 

Shoow
これらは年末調整ができないために、確定申告が必要となりますね。3つにわけるとわかりやすい。

合わせて読みたい!

関連記事

[estimated_reading_time]医療費控除についてはなかなか調べないと思います。が、お得な優遇制度がたくさんある部分です。賢く使ってこの大増税時代を乗り切りましょう。対象と金額は?いくら返ってくる?気になる点[…]

医療費控除、対象と金額は?いくら返ってくる?
関連記事

[estimated_reading_time]医療費控除は、1年間の医療費が10万円以上で申告できる制度。ですが、実は例外があるのです。今回はその例外に焦点をあてて深堀りします。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。[…]

医療費控除、きちんと計算をしよう。金額10万円以上でなくても還付が受けられる理由とは?
関連記事

[estimated_reading_time]医療費控除ときくのなんだか難しそうですね。でもこれって結構使わないひとも多い。医療費控除のポイントは家族の分もまとめて行うこと。税金については知らないと損していることが多いです[…]

医療費控除で得しよう!セルフメディケーションのすすめ!どっちがお得?併用は?

まとめ

サラリーマンは、税金について無関心な方が多いですが、所得控除に関して理解を深めていく事で節税ができます。

支出は増えることはあっても減ることはないものです。

少しでも支出を減らす手段と方法について知りましょう。

大増税時代を生き抜く上ではマネーリテラシーの向上は転ばぬ先の杖。

所得控除は上手に活用すれば誰でも所得税が安くすることが可能です。

味方となる税理士を見つけておこう。

自分のにわか仕込では不安という方は、自分と一緒に考えてくれて、味方となってくれる税理士を見つけるのも手です。
実際、金額が大きくなるほど、税金面では悩みを抱えていくものです。

その時になってから税理士を探すのもありですが、正直余裕がない状態であれば、ストレスでしかありません。事前にカンタンな案件などを相談しながら、自分に合う税理士を探していく事も念頭においておきましょう。

税理士紹介エージェント
4.88

税理士紹介エージェント確定申告をはじめ、相続、決算・節税、会社設立まで。税金に関する悩みを解決してくれます。

税理士に対する不満を無料相談可能! 5.0
自分に適切な税理士を見つけてくれる! 5.0
交渉代行・契約後のフォローもしてくれる! 4.5
報酬の内訳もわかりやすい! 5.0
総合 4.88

税理士紹介エージェント

税理士は税金がメイン。FPはライフプランがメイン。

税理士は税金に関することがメインです。

一方、ファイナンシャルプランナー(FP)はあなたのライフプランニング、つまりお金に関する人生設計が相談のメインとなります。

両者はお金に関するプロではありますが、切り口が異なるため上手に使い分けましょう。

身近にお金の相談ができる人物がいることと心強いです。無料相談やセミナーなども活用し、自分に合うヒトを探しましょう。

 

自分で資格をとって理解度を高める。

他人に任せっきりだと

「なんか騙されてるのかも」という不安をもつ方は

自分で知識を仕入れましょう。キワドク!的には

最低限FPを持っておくことを推奨しています。

資格がなくてもアプリや読書などで学ぶのもアリです。

いずれにしても勉強していく事が大切ですので、興味のあるところから学習していきましょう。

合わせて読みたい!

関連記事

ファイナンシャルプランナーって皆さんご存知ですか?お金に関するプロフェッショナルです。ファイナンシャルプランナーなるためには国家資格に合格しなければなりません。マネーの知識を網羅的に勉強していくので、今回はその魅力をご紹介しています[…]

【FP】最強コスパの資格ファイナンシャルプランナーの魅力を語る




サラリーマンでもできる節税対策の仕組みを知ろう。大増税時代を乗り切る戦略。
最新情報をチェックしよう!
スポンサー