Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
サラリーマンにおすすめの節税対策。離れて暮らす親も対象。

サラリーマンにおすすめの節税対策。扶養控除、離れて暮らす親も対象。

[estimated_reading_time]

サラリーマンにおすすめの節税対策のひとつとして、扶養控除があります。同居だけではなく離れて暮らす親も対象となるため扶養にすれば節税になりますよ。

・この記事は以下の人向け・

1. サラリーマンの方
2. サラリーマンの配偶者の方
3. 節税をしたい方

この記事を読むとわかること

サラリーマンでもできる節税対策がわかる。
扶養控除の要点がわかる。

この記事は誰が書いてるのか?

Key
日頃から金融経済ニュース
に触れ日々情報を更新。
FP,及びAFPの資格を有し
税金にも詳しいKeyが解説。
サラリーマンの節税がメインテーマです。まだこちらを読んでいない方は先に読んでから本記事を読むことをオススメします。
合わせて読みたい!
関連記事

[estimated_reading_time]もうすぐ消費税が10%に増税される予定です。その破壊力は凄まじいものがありそうです。少しでも税金への認識を高めて支出を減らしていく戦略を取りましょう。今回はサラリーマンでもでき[…]

サラリーマンでもできる節税対策の仕組みを知ろう。大増税時代を乗り切る戦略。
スポンサー

サラリーマンにおすすめの節税対策。扶養控除、離れて暮らす親も対象。

サラリーマンに扶養家族がいるときは、扶養控除という所得控除が受けられます。

12月31日現在で16歳以上の者で、納税者と生計を一にし、合計所得金額が38万円以下で配偶者以外の親族。

扶養控除金額は年齢とその他の要件で異なります。

扶養控除の区分と金額

区分控除額
一般(16歳以上)38万円
特定(19~23歳未満)63万円
老人扶養(70歳以上)
同居老人扶養親等以外の者
48万円
老人扶養(70歳以上)
同居老人扶養親等
58万円
Key
老人扶養(70歳以上)では、通常よりも控除額が大きいのが特徴ですから、活用できれば節税効果が大きくなります

田舎にいて離れて暮らす親を扶養できるの?

田舎から都会にでてきて働いているサラリーマンが気になるのはここだと思います。

結論としては、一緒に住んでいなくても、生計を一にしていることが満たされればOKです。

生計を一にしていることの証明

常に、生活費などを仕送りしているケースが当てはまります。

ですので、送金の控えや銀行の振込票の控えが必要です。

Key
おそらく会社側でも社労士さんとの相談などがなされていると思いますので、聞いてみましょう。
Shoow
あとは、そもそもの『親の年金が38万円以下』というのも満たしているのを忘れずに。

兄弟姉妹間では扶養控除を受けられるのはたった1人!

扶養控除の際の注意点!

兄弟姉妹間では、複数で仕送りしている場合はそのうちの誰か1人だけが控除を受けられる。
Key
兄も弟も両親に仕送りしているケースでは、兄か弟どちらか一方しか受けられないということですので、ここは注意が必要ですね。

健常人の両親を扶養する話で進めてきましたが、

もし障害者がいた場合はどうなるのか、深堀りしてみましょう。

もし障害者がいたら、障害者控除。

サラリーマンの扶養親族が一定の障害者に当てはまる場合はどうなるのでしょう?

Key
この場合は、障害者控除が受けられます。

障害者控除の区分と金額

区分控除額
障害者27万円
特別障害者40万円
同居特別障害者75万円
Key
障害者控除の場合は、年齢ではなく同居をしていると控除額が大きくなっているのが特徴となります。

障害者控除は16歳未満の扶養親族にも適用される。

扶養控除は、通常16歳以上から。では、16歳未満の親族は扶養控除の対象とはなりません。

その16歳未満の扶養親族が障害者となった場合はどうなるのでしょう。

結論

障害者控除は、扶養控除の適用がない16歳未満の扶養親族を有する場合においても適用されます
Key
障害者控除の存在を知らない限り、年末調整で障害者控除を受けられません。もし、忘れた場合などは税理士に相談しましょう。

まとめ

サラリーマンでの節税効果の恩恵を最大限にするためには
税金のかかる所得(課税所得)を少なくするのがポイントととなります。
というのも、所得税は以下の式になっています。
所得税=
税金のかかる所得 ✕ 税率-控除額
少なくするには、控除枠を活用することになります。
今回は扶養控除と付随して障害者控除について解説してみました。
税金についての理解を深めておけば、効果的な対策ができることと同時に、お金への意識も変わります。
少子高齢化が加速し、大増税時代をむかえる今こそ、お金の勉強を行い、自分の人生設計を見直しましょう。
お金は所詮、手段に過ぎませんが、それでも人生のとれる選択肢に大きく影響を及ぼす項目です。
「わからない、むずかしい」といつまでも後回しにしていると後々跳ね返ってきます。
『千里の道も一歩から』当サイト【キワドク!】を活用するなり、自分で勉強するなどして興味をもち生涯学習をしていく意識をもちましょう。
合わせて読みたい!
関連記事

[estimated_reading_time] みなさまは保険の種類が3種類しかないのをご存じですか?Key今回は、ご要望が多い保険の種類について解説をします。 &n[…]

関連記事

[estimated_reading_time]老後不安を抱えていませんか?老後不安は、いまやどの世代の誰しもが抱えていることだと思います。今回は老後不安への漠然とした気持ちを整理するべく、老後不安を支えるお金につい[…]

老後不安を支える3つのお金【年金】

税金について学べるおすすめの本




サラリーマンにおすすめの節税対策。離れて暮らす親も対象。
最新情報をチェックしよう!
スポンサー