Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
老後不安を支える3つのお金【年金】

老後不安を支えるのは3つのお金【年金】

[estimated_reading_time]

老後不安を抱えていませんか?老後不安は、いまやどの世代の誰しもが抱えていることだと思います。

今回は老後不安への漠然とした気持ちを整理するべく、老後不安を支えるお金についてまとめました。

ぜひお読みになってください。

・この記事は以下の人向け・

1. 老後不安をかかえる方
2. 将来不安で気が狂いそうな方
3. しっかり学んで老後不安に備えておきたい方

この記事を読むとわかること

老後不安を支えるお金がわかる。

年金の種類と違いがわかる。

老後不安に対し何から始めればよいかがわかる。

この記事は誰が書いてるのか?

Shoow
銀行預金では老後資金は全く得られないと思い20代からインデックス投資を基盤に長期投資を開始。短期トレードはFX。資産運用に1,000万円以上投資し運用継続中。
スポンサー

老後不安を支えるのは3つのお金【年金】

いま日本において、老後を支えていくお金は主に次の3つです。

  • 私的年金
  • 企業型年金
  • 公的年金

3つの年金

下から順に見てみましょう。

国が用意する公的年金

1つ目は、国家が用意するお金です。

いわゆる年金。主に2種類ありまして

  1. 厚生年金(老後厚生年金)
  2. 国民年金(老後基礎年金)

 

国民年金の加入者は3つに区分されている。

加入者は被保険者と呼ばれ、3つに区分されています。

  • 第1号
    • 20歳~60歳未満かつ自営業者とその家族
    • フリーランス
    • 学生など
  • 第2号
    • サラリーマン
    • 公務員など
  • 第3号
    • 第2号に扶養されている配偶者
    • (20~60歳未満)
Key
完全にFP(ファイナルプランナー)の試験範囲の内容ですね。

あわせて読みたい!

関連記事

ファイナンシャルプランナーって皆さんご存知ですか?お金に関するプロフェッショナルです。ファイナンシャルプランナーなるためには国家資格に合格しなければなりません。マネーの知識を網羅的に勉強していくので、今回はその魅力をご紹介しています[…]

【FP】最強コスパの資格ファイナンシャルプランナーの魅力を語る
関連記事

[estimated_reading_time]2019年、ファイナンシャル・プランナーFP3級に合格したいですよね?FP3級の難易度、合格点、勉強法を教えたいと思います。現役のAFPの解説です。どうぞお読み下さいね。[…]

2,019年版FP3級攻略!難易度・合格点・勉強法を教えます!

企業が用意する企業年金

次の2つ目は、あなたが勤めている企業が用意するお金です。

退職金をはじめ、大企業などでは、401k(企業型DC)などがありますね。

でも、日本経済を支えている多く中小零細企業です。

大企業のように企業型DCを用意している会社は少ないですね。

さらに、一昔前まで数千万円あったといわれる退職金。

これも今後は、比較に値しないくらいに少ないでしょう。

 

厳しい現実…

 

Key
一応せっかくなので、企業型年金の種類も載せておきますね。
従業員の受取額=給付が確定しているタイプ
Defined Benefit Planの略
企業が出す掛け金=拠出が確定しているタイプ
Defined Contribution Planの略
※従業員が運用するので、その成果により受取額は変化する。

あなたが用意する私的年金

最後3つ目は、あなた自身が用意するお金です。

一生懸命に貯めた『預貯金』をはじめとして

『生命保険』『養老保険』などの保険商品。

『株式』や『投資信託』など金融商品で運用したもの。

最近話題なもので言えば、

『iDeCoイデコ(個人型DC)確定拠出年金』

などはドンピシャですね。

 

Key
少子高齢化や消えた年金問題のせいで、この3つ目のお金。ここの強化を図っていかねばならない時代に突入しました。
かつての日本であれば、そんなことはなく
きちんと働いてさえいれば手厚い保護がありました。
Shoow
いま流行りのフリーランスや企業に勤めていない人は企業年金さえもらえない、又は少額なのですから、なおさら私的年金強化が必要ですね。

独自で備える私的年金のつくり方

公的年金も企業年金も当てにできないわけですから、

自ら作り出すしかありません。

幸い、情報化社会のためにいくらでも方法が転がっています。

「お好きなものを取り組めば良いです」

というのを大前提にした上で

オススメの順序を載せておきますので参考にしてください。

  1. 保険で守備力を高める。
  2. 投資で資産形成をする。
  3. 同時に自己投資も行う。

 

Key
当サイト【キワドク!】はこの考えでサイト構築しています。

 

まとめ

今回は老後不安への漠然とした気持ちを整理するべく、それを支えるお金についてまとめましたがいかがだったでしょうか。

老後不安は、いまやどの世代の誰しもが抱えていることだと思います。

もしもなたが私と同じ将来不安な現役世代真っ只中なら

お金の勉強は必須ですからぜひとも一緒に学び始めましょう。

なぜなら

お金について無知だというのは、損する道しかないからです。

国民に納税義務は課しても、税金の義務教育すらないのが日本なのです。

自力で勉強するしかありません。

 

「めんどくさいから」

 

となにもしないでいると本当に厳しくなります。

 

 

「なにからはじめればいいかわからない」

 

そういう声もよく耳にします。

私もそうでしたから気持ちはよくわかります。

でも私の場合『現状維持=退化』だという事を

ビジネスを通じて理解していました。

それはきっとあなただってわかってるはずです。

ですから、いますぐ退化をやめて行動しましょう。

 

いまや教材は、ググってもいいし、本屋でも

電子書籍でもセミナーでもどこにでもあります。

 

あとはあなたが好きなのを選んで手を差し伸べ学ぶだけ。

 

 

「どれを選んだらいいのかわからない」

 

選び方がわからないならぜひ

当サイト【キワドク!】を読むことから始めてください。

【キワドク!】のコンテンツは全部無料です。

一般的な知識はもちろん、運営管理者の経験と失敗談からできています。

読んで損することはありません。

むしろ「失敗・無駄金・損失・時間」という勉強代を

支払った体験があるからこそ書ける内容・視点を盛り込んでいます。

それを知るだけでもあなたが無駄な遠回りをすることはなくなるでしょう。

【キワドク!】をきっかけに

さらにお金の専門性を高めたり、

より体系的に学びたくなったり、

投資家を本気で目指す

そんな行動のきっかけにしていただけたら嬉しいです。

いずれにせよ、お金の世界は学びがすべてです。

ぜひ、一緒に勉強しましょう。

  • 日経ビジネス
    4.8

    専門情報誌からソリューションのていあんまで。明日の仕事にすぐ活かせる生きた情報を得られます!職種や目的別から探せるので、あなたに合う情報に出会えます。ビジネスの最前線で勝ち残るための必要な情報が凝縮 日経ビジネス

    日経ビジネス

    興味のある分野から選んで購読ができる 5.0
    AI,ビジネス、医療、健康等。ジャンルが幅広い! 5.0
    日本を代表する専門情報誌。 5.0
    定期購読でさらに格安で購読できる! 4.0
    明日の仕事に役立つ情報が手に入る! 5.0

    日経ビジネス

     

  • ハイブリッド総合書店honto
    5



    丸善、ジュンク堂、文教堂などの店舗とネット通販、電子書籍が連動したハイブリッド総合書店。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!
    お手持ちのスマホですぐ読める!書店で使えるポイントが貯まる

    大手書店の連携サービスなので

    信用・信頼・安心度が高い! 5.0
    商品数が豊富! 5.0
    欠品が少ない! 5.0
    ポイントがたまる! 5.0
    送料無料サービスがある! 5.0
  • PCスマホ・タブレットで読書。19万冊以上【ひかりTVブック(電子書籍)】
    4.1



    ひかりTVブックはこんな方にオススメ!
    ・毎月書籍代を数千円使う方
    ・ご家族で書籍代を節約したい方
    ・雑誌を2冊以上は購入する方
    ・月額プランを活用すれば損しないサービスです。無料・値引などお得なキャンペーン実施中【ひかりTVブック(電子書籍)】

    【ひかりTVブック(電子書籍)】

    半額クーポンが手に入る。 4.0
    漫画のキャンペーン・ポイントバックが豊富 4.0
    月額プランが超お得!ポイントデカイ! 4.5
    800誌以上の雑誌読み放題はなんと月額500円以下! 5.0
    無料と有料会員の2つあり。専用アプリで読める。 4.0

    国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】



あわせて読みたい!

関連記事

[estimated_reading_time]金融リテラシーが大事っていうけれど、何から勉強したらいいのか分からない!興味が持てる動画とかあれば、教えてください。Shoowどーも。s[…]

ビジネスに役立つおすすめの映画8選
関連記事

[estimated_reading_time]『貯蓄』と『保険』どっちがお得でおすすめなの?将来不安に備えるためのお金の使いみちとしておさえておきたい視点だと思い今回記事にしてみました。ご興味ある方はお読みください。[…]

貯蓄と保険どっちがお得でおすすめなの?

 

 

老後不安を支える3つのお金【年金】
最新情報をチェックしよう!
スポンサー